産業用機能安全

機能安全 (ファンクショナル・セーフティー) 認証取得までの期間短縮と労力削減

インテルは、セーフティー認証プロセスの簡素化と迅速化のために、TÜV Rheinland* 社と親しく協力して、IEC61508 認証済みファンクショナル・セーフティー・データ・パッケージを作成しました。パッケージの内容は以下のとおりです。

  • インテル® FPGA およびインテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアの安全マニュアル
  • Nios® II プロセッサーなど、診断用および標準 Intellectual Property (IP)
  • セーフティー・セパレーション・デザイン・フローを含む FPGA デザインフロー
  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアなどの開発ツール

TÜV-Rheinland 認証済みセーフティー・データ・パッケージの内容

TÜV-Rheinland が認証したファンクショナル・セーフティー・デザイン向け FPGA

インテルの認証済みファンクショナル・セーフティー・データ・パッケージはセーフティー・インテグリティー・レベル 3 (SIL3) までの設計に対応し、工業用サーボ / インバーター・ドライブ、セーフティー・デバイス、オートメーション・コントローラーなど、セーフティー・クリティカルな産業用アプリケーションの IEC 61508 機能安全設計の開発期間を短縮し、認証リスクを軽減します。セーフティー・セパレーション・デザイン・フローは、デザイン全体の再認証の必要性を抑えながら、アップグレードとバグ修正を迅速に完了する FPGA の利点を保持します。インテルのお客様は、IEC 61508 認証を取得する産業用アプリケーション向けに、2010年からこのパッケージを使用しています。下の図に、2 つの FPGA で実装した代表的なデュアルチャネル SIL3 産業用「セーフ」システムを示します。機能安全データパッケージや設計例の詳細については、インテル® FPGA の担当者にお問い合わせください。

2 つの FPGA で実装した代表的なデュアルチャネル SIL3 産業用「セーフ」システム

機能

TÜV Rheinland* 認証機能安全データパッケージの内容

  • 認証済みインテル® FPGA 開発メソドロジーとツールを使用して IEC 61508 認証を取得可能なシステムを設計するためのガイドライン
  • FPGA デザインの故障率と安全側故障率 (SFF) を計算できる FMEDA ツール
  • インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアの使用方法と IEC 61508 に準拠した FPGA システムの開発方法を示す安全マニュアル
  • FPGA、メモリー、およびクロック信号のインテグリティーをモニターするための IEC 61508 規格に準拠した診断用 IP (ソースコード付き)
  • 最新の FPGA デバイス信頼性レポート
  • TÜV Rheinland* 認証証明書

デザイン例

インテル® FPGA & SoC による効率的なモーター制御デザイン

インテル® FPGA & SoC を使用してモーター制御とモーター制御システムを設計すると、以下の特長により、設計資産保有の総コストを大幅に削減できます。

システム・インテグレーション: 産業用ネットワーキング、機能安全、エンコーダー、電力ステージ・インターフェイス、DSP 制御アルゴリズムを 1 つのデバイスに統合することで、部品数 (BOM)、消費電力、信頼性の課題を削減します。
スケーラブルなパフォーマンス: 製品ライン全体で 1 つのスケーラブルなプラットフォームを使用できます。より高速かつ高度な制御ループによってパフォーマンスの向上を実現します。
機能安全: コンプライアンスに要する時間と労力を削減します。インテルは、自社デバイスおよびツール製品について、EC 機械指令 IEC 61508 安全規格の認証を業界で初めて取得した FPGA サプライヤーです。

インテル® モーター制御開発フレームワークは、インテル® FPGA および SoC で統合ハイパフォーマンス・ドライブ・オン・チップ・モーター制御デザインを簡単に作成できるようにします。このフレームワークは、1 個の FPGA によるモーター制御システムの開発をサポートするリファレンス・デザイン、ソフトウェア・ライブラリー、IP (Intellectual Property) コア、およびモーター制御ハードウェア・プラットフォームのポートフォリオで構成されています。

パートナー

SafeFlex、セーフティー・リファレンス・ボード

SafeFlex ファンクショナル・セーフティー・リファレンス・ボードと関連リファレンス・デザインは、SIL3 までの IEC 61508 認証と IEC 13849 PLe Cat 4 が要求されるセーフティー・デザインにおけるお客様の作業を軽減するために、インテルと NewTec 社が設計しました。このボードには、安全アプリケーションのリファレンス・デザインと、安全設計の初期開発から最終生産までに必要な手順を説明するドキュメントが含まれています。SafeFlex ボードの詳細と購入については、NewTec 社にお問い合わせください。

機能安全データパッケージ (FSDP) 注文プロセス

ステップ 1: 発注方法については、インテルの販売代理店にお問い合わせください

機能安全データパッケージの注文コード:

IP_ABG_SAFETYDP - 1 万米ドル

IPR_ABG_SAFETYDP (以前のバージョンからのアップグレード) - 2,500 米ドル

FSDP V1.0

  • IP_ABG_SAFETYDP1
  • IPR_ABG_SAFETYDP1

FSDP V2.0

  • IP_ABG_SAFETYDP2
  • IPR_ABG_SAFETYDP2

FSDP V3.0

  • IP_ABG_SAFETYDP3
  • IPR_ABG_SAFETYDP3

FSDP V4.0

  • IP_ABG_SAFETYDP4
  • IPR_ABG_SAFETYDP4

FSDP V5.0

  • IP_ABG_SAFETYDP5
  • IPR_ABG_SAFETYDP5

ステップ 2: 注文の処理が完了すると、ログイン情報を含むウェブアクセス情報の記載された電子メールが送られてきます。

ステップ 3: 使用許諾契約に同意し、マイ・インテルから機能安全データパッケージ (FDSP) をダウンロードします。使用許諾契約に同意すると、FDSP をダウンロードできるようになります。

リソース