ゲノム解析向けインテル® Select ソリューション

ゲノム解析向けインテル® Select ソリューション

ゲノム解析向けインテル® Select ソリューション

ゲノミクスにおける進歩が、人間の病気の解明と、情報に基づいた精密治療計画に向けて、新たな扉を開こうとしています。未知の発見は、増え続けるゲノム・シーケンシング・データの演算処理、保存、解析にかかっています。ゲノム配列のシーケンシングで出力されるデータの年間保存容量は、2015年に世界全体でペタバイトにまで達し、その量は 7 カ月ごとに倍増しています。このペースでいくと、ゲノム・シーケンシングによって生成されるデータ量は、今後 5 年間で年間数百ペタバイトに達することになり、2025年までに年間約 1 ...ゼタバイトのストレージが必要になると予想されます。MITとハーバード大学のブロード研究所(broadinstitute.org)は、ヒトゲノムデータの世界最大の作成者の1つであり、1日当たり約24TBの新しいデータが作成されています。現在、ブロード研究所では、50PB以上のデータを管理しています。研究者は、疾患や可能な治療法に関するインサイトを得るために、これらの膨大な量のデータをタイムリーに解析するツールを必要としています。ブロード研究所によって開発され、世界の大多数のゲノミクスセンターから信頼されている一連の主要ソフトウェア手法である、Genome Analysis Toolkit*(GATK*)のようなツールが必要です。2017年、インテルとブロード研究所は新たな取り組みを開始しました。それがインテル・ブロード・ゲノム・データ・エンジニアリング・センターであり、GATK、Burrow-Wheeler Aligner (BWA)、Cromwell、インテル® ゲノミクス・カーネル・ライブラリー (インテル® GKL)、GenomicsDB* などのツールや技術を使用して、ゲノミクス・ワークフローの実行を簡素化し、高速化することを目的とした 5 年間のコラボレーションです。