AI と IoT を活用した遠隔医療テクノロジー

新しい世代の遠隔医療ソリューションは、AI と IoT 技術を通じてリモート医療を再定義します。

遠隔医療概要:

  • 遠隔医療技術は、コネクテッドデバイス、AI を活用したアナリティクス、遠隔患者モニタリング、ロボティクスを通じて、医療提供を変革しています。

  • 遠隔医療システムの利点としては、医療へのアクセス改善、医療の質の向上、臨床効率の向上などが挙げられます。

  • インテルは、医療用ハードウェア・メーカーやソフトウェア・プロバイダーの多様なエコシステムを通じて、スケーラブルな遠隔医療技術を実現しています。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

遠隔医療は医療における新しいパラダイムになっています。しかし、次はどこへ行くのでしょうか?遠隔医療技術の最新のイノベーションは、AI を統合して、医療供給者がより効率的に作業できるようにしたり、患者をウェアラブルや遠隔患者モニタリングのための他のツールで接続を維持したり、さらにはロボットを使って専門的な医療を今までにない場所にまで持っていくことができるようにします。

COVID-19 のパンデミックで世界は変わり、医療も変わりました。さらなるウイルスの蔓延を防ぐために、医療提供者は突如、患者の診察や治療の方法を模索することになりました。

テレヘルスにより、医療従事者がその場にいなくても患者の数が増えた場合の医療ができるようになりました。そして、その価値を証明した今、残り続けます。多くの医療提供者が簡単なビデオ会議を通じて遠隔医療を導入したが、次世代の遠隔医療技術にはそれ以上のものを提供します。臨床医は自然言語処理を利用して、診察中に自動的にメモがとれます。緊急時の処置では、専門家が遠方から参加できます。そして、患者がどこにいても、高いレベルの治療を受けることで恩恵を受けることができます。

遠隔医療の利点

遠隔医療は、患者と医療提供者とのつながりをより良くし、臨床医や専門家へのアクセスを改善し、患者と医療提供者の双方がリスクの高い環境を回避できるようにすることで、新たな標準的な医療を可能にしています。

医療へのアクセス改善

遠隔医療は、地方や医療機関が不足している地域にも手を差し伸べることができ、予約を取ったり、維持したりするのがより便利になります。移動が制限されている人や車の運転ができない人は、必要な医療をより簡単に受けることができます。地方の医療機関は、患者を神経科医などの需要の高い専門家につなぐことができます。

高品質な医療

遠隔医療技術により、頻繁な患者のモニタリングとデータ収集が可能になりました。これは、より良いセルフケアの実践を促し、診断を知らせることができます。AI を統合した遠隔医療システムは、患者データを自動的に分析し、医療提供者が新たな展開に迅速に対応できるようにします。

臨床の効率

遠隔医療技術を利用することで、医療提供者はより多くの患者にサービスを提供できるようになるかもしれません。予約の合間に検査室を掃除する必要はありません。通院を短く、クリニックを小さくすることができます。遠隔緊急医療にアクセスすることで、救急部門の受診を減らすことができます。電子カルテ (EHR) との統合により、医療提供者は紙のカルテをめくることなく、迅速に検査結果を比較したり、患者の病歴を確認したり、徹底的な評価を行うことができます。また、必要とされている医療専門医や患者の交通費を削減することができます。

患者と医療提供者のための安全な環境 

テレヘルスと遠隔医療は、すべての人にとってより健康的な環境を促進します。インフルエンザや風邪で体調を崩している患者は、細菌をオフィスに持ち込まずに医師と話すことができます。免疫不全の患者さんは、移動することなく定期健診を行うことができます。医療提供者は、指導を行い、患者の経過を監視しながら、感染症からしっかりと保護されます。

遠隔医療のセキュリティーとプライバシー

遠隔医療技術のメリットを十分に享受する前に、医療提供者は個人の健康情報 (PHI) を共有するための安全なプラットフォームを確保しなければなりません。HIPAA やその他のプライバシー規制により、機密性の高い PHI の保護が求められる医療環境では、データセキュリティが最優先されます。医療機関は、ネットワークに多くの貴重なデータが含まれているため、サイバー犯罪者の大きな標的となっています。

このため、強力なネットワークセキュリティ機能と制御されたアクセス権管理を含むエンドツーエンドのアプローチが必要となります。暗号化などのデータ保護技術は、遠隔医療 IoT デバイスや他のエンドポイントを介して送信される患者情報の保護に役立ちます。HIPAA に準拠した遠隔医療戦略には、データをクラウドに送信する場合だけでなく、エッジサーバにデータを保存することも含まれます。

遠隔医療における IoT と AI

モノのインターネット (IoT) の時代、超高速接続とは、多様な医療機器や機器をサーバーやクラウドに接続できることを意味します。その結果、遠隔医療技術はリアルタイムデータを活用し、より質の高い遠隔医療を可能にします。患者は自宅でウェアラブルなどの医療機器を使って血圧や体温、心拍数などをチェックし、結果を送信して医師に分析してもらうことができます。医療提供者は、患者のメモを入力したり、処方箋を書いたり、他のデータを追加し、薬剤師や専門家がそれぞれの場所から簡単にアクセスできるようになります。

統合されたウェアラブルは、患者のバイタルを一日中追跡し、データをクラウドに送信することで、患者本人と医療従事者の両方が簡単に継続的に評価できるようにします。このレベルのモニタリングは、慢性疾患を持つ患者が自分の健康をより良く管理するのに役立ち、また、緊急ケアや救急外来の受診を防ぐのにも役立つかもしれません。患者が気分が悪いときや質問があるときには、遠隔医療の予約を取ることができ、医療提供者は現在進行中のリーディングにアクセスしてアドバイスを与えることができます。

臨床現場、薬局、公共の場所など様々な場所にあるセルフサービスのキオスクにより、患者が医療提供者とつながるための別の方法を提供しています。キオスクで患者が予約や請求書の支払いをすることもできます。

緊急対応者は、遠隔医療機器を使用して脳波、心電図、その他の測定値を採取し、移動中に病院スタッフに送信することができます。専門家は即効性のある治療をアドバイスすることができ、スタッフは患者の到着に備えてより良い準備をすることができます。緊急時にすぐに対応できることにより、特に心臓発作や脳卒中の場合には命を救うことができます。

AI は遠隔医療にも新たな機能をもたらしています。例えば、AI は遠隔医療の訪問中に患者の病歴を取りやすくするように促し、応答に基づいて質問を動的に調整することができます。1 AI アルゴリズムは、特にメラノーマのような状態の診断にも役立つ可能性があります。1 他の AI ベースのツールは、服薬のためのパーソナライズされたリマインダーを提供したり、個人のモニタリングデータに基づいてルーチンの状態チェックを推奨したりすることができます。1

遠隔医療技術は、定期的なデータ収集により、頻繁な患者のエンゲージメントとモニタリングを可能にします。医療提供者は、新しい情報に迅速に対応し、患者のセルフケアを促すことができます。

遠隔患者モニタリングおよびコンサルティング

今日では、患者は脈拍計や血圧バンドなどのウェアラブルや遠隔監視装置から、生体情報データを医療提供者に送信することができます。医療提供者は、データをまとめ、患者の状態をほぼリアルタイムで確認できるダッシュボードまたは臨床意思決定支援システムを介して患者情報にアクセスすることができます。遠隔医療や他の形態の遠隔健康モニタリングは、患者と医療提供者が協力して、心血管疾患、糖尿病、喘息などの慢性的な健康状態を管理するのに役立ちます。医療提供者は、退院後の患者や怪我から回復した患者を自宅で監視することもできます。

次世代の AI 機能は、これらのシステムにさらに多くの健康データを統合することを可能にし、潜在的な問題を指し示すパターンの検出を支援します。例えば、システムは、毎日の血圧や血糖値を追跡するのに役立ちます。手術後、自宅で療養中の患者の体温を定期的に測ることで、万が一の感染症に備えて医師が迅速に対応できるようになります。これらの機能はすべて、対面での経過確認訪問の移動費が高額になる地方に住む患者にとって、特に有益なものです。

遠隔医療ロボット

医療におけるロボティクスは、遠隔での患者モニタリングを支援し、地方の病院で専門家が症例を相談できるようにすることができます。例えば、自律型遠隔医療ロボットは、検査室や病室の患者に移動することができ、臨床医は遠くから患者と対話することができます。急性医療を受けている患者はベッドから他の患者や業務に対応している看護師とコミュニケーションをとることができます。ロボットの中には、医師が巡回する際に医師をフォローし、遠隔地の専門家とライブフィードを共有して、画面上のコンサルテーションに貢献することができるものもあります。地方の病院では、医師や専門医が遠方からでも受診することができます。他にも、地方の病院の夜勤は異なる時間帯の医師がカバーしているケースもあります。ほとんどの自己駆動型遠隔医療ロボットは、自分のバッテリーを記録し、必要に応じて充電ステーションに戻ってくるので、医療従事者は他の作業に集中することができます。

他のロボットは、外科医が手順を実行している外科医と同じ見解を見ながら、遠隔操作を支援することを可能にしています。

遠隔医療のためのインテル® テクノロジー

遠隔医療アーキテクチャーを成功させるためには、医療提供者と医療システムは、以下の考慮事項のそれぞれに対応する計画を持つ必要があります。

  • HIPAAコンプライアンスを満たすものを含む、強固なセキュリティおよびプライバシーポリシーの採用 
  • EHR ソフトウェアとの統合
  • 回復力のあるネットワーク機能を含む、柔軟で安全なITインフラストラクチャの実装 
  • デバイスとソフトウェアソリューション間の相互運用性 
  • ユーザーフレンドリーな顧客サービスポータルを含む、患者と医療提供者の簡単なインターフェース 
  • 臨床バリデーション、プランニング、ワークフローソリューション 

インテルは、これらの要件を満たす遠隔医療システムをサポートするために、ハードウェアメーカーやソフトウェアプロバイダーの多様なエコシステムと連携しています。コネクテッド・ウェアラブルからクリニックのエッジ・サーバーまで、インテル® テクノロジーは医療技術のエコシステム全体でスケーラブルなアーキテクチャの構築を支援しています。

インテルが遠隔医療技術の基盤を提供します
インテル® Movidius™ VPU およびインテル® OpenVINO™ ツールキットのディストリビューション インテルのハードウェアとソフトウェアは、遠隔医療にコンピュータ・ビジョンをもたらし、リモート・バイタル・モニタリングのような機能を可能にします。インテル® Movidius™ VPU は、エッジでのコンピュータ・ビジョンのための幅広い計算機能を提供します。OpenVINO™ ツールキットのインテル® ディストリビューションは、VPU や CPU を含むインテル・プラットフォーム上でのビジョン・アプリケーションの開発を効率化します。
インテル® Wi-Fi 6インテル5G 遠隔医療技術では、接続性が重要な役割を果たしています。インテル® Wi-Fi 6対応のエンドポイント・デバイスやワイヤレス・ネットワークは、最新のWi-Fiパフォーマンスを提供します。インテル® テクノロジーは、5G ネットワークが仮想化されたスケーラブルなインフラストラクチャを実現するのに役立っています。たとえば、InTouch Health社は、グローバルなインテル® テクノロジーを搭載したクラウド・プラットフォームを提供し、あらゆるユースケースや環境に対応した医療を提供することで、バーチャル医療を安全、簡単、拡張性の高いものにしています。
インテル® Core™ プロセッサーとインテルAtom® プロセッサ インテル・プロセッサは、計算性能と消費電力のオプションが豊富で、患者と医師とのビデオチャットから自律型遠隔医療ロボットまで、あらゆるものを可能にします。
インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、病院やクリニックのエッジ・サーバーに高い性能を提供します。これにより、接続されたシステムやデバイスによって生成される大量のデータを管理するための強力な基盤が得られます。
インテル® NUC ミニ PC インテル® NUCミニ PC は、病院やクリニック、患者の自宅で使用する小型フォーム・ファクターの遠隔医療ソリューションを構築を可能にします。
ハードウェアベースのセキュリティ・テクノロジー 遠隔医療提供システムがHIPAAやその他の業界のセキュリティ規制に準拠できるように、インテル®製品はシリコン対応のセキュリティ技術を内蔵して設計されています。

遠隔医療とテレヘルスの成功例

インテル®テクノロジーを採用したテレヘルス・ソリューションの 1 つに、メディカル・インフォマティクス・コーポレーションが挙げられます。(MIC) Sickbayプラットフォーム。このFDA認定のソフトウェア・プラットフォームは、ICU機器やベンダーにまたがる患者データを収集し、遠隔での患者モニタリングを可能にします。その結果、保健システムは、病原体への曝露を減らしながら、ICUの能力を急速に拡大することができるかもしれません。また、医療提供者は、あらゆる PC、タブレット、または電話から包括的な患者データにアクセスして、施設全体で最大 100 人の患者を監視することができます。ヒューストン・メソジスト病院は、COVID-19への病院の対応の一環として、ICUを準備するためにSickbayプラットフォームの使用を拡大しました。

InTouch Health社の別のパートナー・ソリューションでは、インテル® テクノロジーを使用して、バーチャル医療のグローバル・クラウド・プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、バーチャル医療を簡単かつスケーラブルにする様々なデバイスやマネージドサービスをサポートしています。

遠隔医療技術の未来

COVID-19のパンデミックの間、遠隔医療技術はウイルスに対する重要な防衛力となりました。しかし、全体的に医療提供を向上させることができることも証明されています。遠隔医療は、遠隔地の専門家を緊急支援のために接続し、医療従事者が病原体にさらされることを回避し、慢性疾患を持つ患者への医療の継続性を提供します。医療提供者、医療管理者、患者は同様に、遠隔医療技術が医療の提供方法にもたらす利便性、質のレベル、革新性に気付いています。

遠隔医療により、医療チームは定期的な健康診断や継続的な患者のモニタリングを合理化し、最も必要とされる場所でより多くの対面式による注意を払うことができます。遠隔医療技術が進化するにつれ、AI とエッジコンピューティングの発展により、診断、緊急時の迅速な対応、情報共有のためのリアルタイム分析の活用が可能になります。インテルは、医療エコシステム内のハードウェアおよびソフトウェア開発者と協力して、ヘルスケアの幅広いニーズに対応するための遠隔医療技術をサポートしています。

よくある質問

遠隔医療技術は、通信や医療機器などのエンドポイントデバイスを統合して、遠隔地から医療サービスを配信する技術です。最新のAI、IoT、エッジテクノロジーにより、詳細な遠隔地の健康データ分析をリアルタイムで行うことが可能になり、医療の質を高めることができます。

遠隔医療技術は、農村部や十分なサービスを受けていない人々や、健康状態や移動が困難な状況にある人々のための医療へのアクセスを向上させます。また、神経科などの専門医療へのアクセスも向上します。さらに、頻繁に関与することで医療の質を高め、オフィスへの訪問時よりも簡単にリソースや健康データにアクセスできるようになります。

免責事項

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

コストと結果は状況によって異なります。

インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。

免責事項

1“Role of Artificial Intelligence within the Telehealth Domain,” Yearbook of Medical Informatics, August 2019, ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6697552/