臨床分析について医療機関が
知っておくべきこと

価値重視の医療へとシフトする時代に最適な戦略を実現する上で考慮すべき最優先事項。

現代の医療機関においては、検討すべき課題が山積しています。医療費改革や患者の高齢化といった問題はもちろん、現場に導入すべき新たな発見が毎日のようにあり、最先端の医療期間さえも圧倒するような新たな事実が生み出されています。

現在の医療産業は、料金重視モデルから価値重視へとシフトする時代を迎えており、品質基準に基づく払い戻しが導入される中、大きな課題に直面しつつあります。競争力を高めるためには、先進的な分析ツールを使用して医療データを取得、分析し、最大限に活用する必要があります。

価値重視の医療では、院内感染や院内転倒、再入院などのリスクが最も高い患者を特定し、このような人々を支援するために最大限のリソースを投入して、問題の発生を未然に防ぐ方法が求められています。すべての人に寄り添った医療を提供するにはリソースが限られているため、患者をコホートに分類して、重点領域を決めることが重要になります。

人工知能やマシンラーニング、ビッグデータに基づく先進的なソリューションをサポートするプラットフォームは、医療機関がこのような目標を実現する上で極めて重要な基盤となります。適切なシステムにより、医療機関は、コストを抑え、効率性を高めつつ、患者のケアを改善し、危機の発生を未然に防ぐことができます。

インテルのグローバルヘルス&ライフサイエンス部門担当ジェネラル・マネージャーであるJennifer Espositoは、「予測分析の真のメリットは、医療を必要としている患者に、最適な医療を、最適なタイミング、最適な場所で提供できるようになることです」と述べています。

「医療のさまざまな場所で、有効に利用されていないデータが大量に存在しています。ほかにも家庭や環境、健康状態、資産などのデータも活用されておらず、このような各種のデータを EMR データと組み合わせることで、全く新しい時代を切り開くことができます。データが秘める力を解き放ち、新しい洞察を生み出すことができれば、医療を改善し、患者や介護者の境遇を改善し、最終的にすべての人に利益をもたらすことができる可能性があります」

Espositoのチームは、医療機関が、予測臨床分析など、さまざまなテクノロジー・ベースの医療ソリューションを導入する際のサポートを続けており、医療機関が実現するために必要なポイント、失敗につながるポイントを熟知しています。以下に、データ主導の医療に向かうパラダイムシフトに備える上で、医療機関が考慮すべき重要事項を紹介します。

「テクノロジーを導入する前に、まず、部門を横断してチームを結成し、最大のメリットをもたらすユースケースを確定することをお勧めします」


- Jennifer Esposito
インテル
グローバルヘルス & ライフサイエンス部門
ジェネラル・マネージャー

「デバイスのサイズは重要な要素であり、私たちは今後も、院内のコンピューティング・デバイスのデザインを進化させる取り組みを続け、使いやすいと思うデバイスを実現していきます。これは私たちの使命とも言えます」


— Jennifer Esposito
インテル
グローバルヘルス & ライフサイエンス部門
ジェネラル・マネージャー

「私たちは、さまざまな医療システムを横断して、できる限り多くのデータを共有し、類似した症状のデータをできる限り広範に二次利用できるようにしたいと考えています」


— Jennifer Esposito
インテル
グローバルヘルス & ライフサイエンス部門
ジェネラル・マネージャー

データ駆動型医療の夜明け

テクノロジーの進化と新たなデータソースへのアクセスにより、医療機関は、今までとは異なる方法で、患者のケアや診療成果を改善しつつ、コストを削減できるようになっています。米国および中国の医療機関における技術投資のビジネス意思決定責任者を対象に行われた Forrester Consulting の調査結果をお読みください。

レポートを読む