ゲノム解析を活用した、精密医療による検出の推進

高性能なコンピューティングによって実現されるゲノム解析は、生物医学の分析を推進し、精密医療の能力を拡張します。

適切な治療を、適切な患者に、適切なタイミングで提供する。これこそが、精密医療の目標です。そしてゲノム解析に対する投資によって、精密医療への変革が始まっています。

研究者が 8カ月ごとに倍増していくゲノムデータに対応できるかどうかは、現代の医療における最も手強い問題ですが、高速かつ手ごろな価格でのゲノム・シーケンス・データの分析により、こうした問題に確実に対処することができます。研究者たちは、信頼でき、コスト効率の良い方法で生物医学に関する発見を推進しなければならないプレッシャーにさらされています。

そして、インテルには、そのためのソリューションが用意されています。インテル® スケーラブル・システム・フレームワーク (インテル® SSF) を基盤とする、ゲノムクラスターを対象としたインテルのリファレンス・アーキテクチャーを利用することで、高性能なコンピューター・クラスターのスループットを拡大し、ゲノムコードを最適化することができます。これらのソリューションによって、研究者たちは、予測可能なスケジュールで成果を出し、プログラミングの時間を減らして発見のための時間を増やし、ゲノム解析の総保有コストを削減できるようになります。

数千ものゲノムから得られる未加工のデータには、医療に活用できるこれまでにない可能性が存在しています。ただし、そのためには研究者たちが大量のデータに対処できなければなりません。大量のゲノムデータにより、生命情報学者や、コンピューターを利用する生物学者たちは、少量のデータセットからでは検出できない新しい DNA の変異体を発見できます。高性能なコンピューティング・ソリューションにより、こうしたデータを扱えるようになると同時に、一人ひとりに合わせたゲノム解析や医療の実用化に向けて歩み出せます。

QIAGEN Bioinformatics とインテルは、1 日に 30 テラバイトの解析を必要とするハイエンドの NGS に対応し、わずか 22 ドルでゲノム全体の完全な解析を行えるクラスター・リファレンス・アーキテクチャーを開発しました。1

インテルと Broad Institute of MIT and Harvard は、GATK Best Practices パイプラインを実行するのに最適な、推奨されるインテル® ベースのハードウェア・プラットフォームを提供するためのガイドを作成しました。

免責事項

1出典: 「Analyzing Whole Human Genomes for as Little as $22」 Intel.com、2016年3月 http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/healthcare-it/solutions/documents/qiagen-analyzing-human-genome-paper.html