拡張性に優れたデータセンター・ソリューションで EHR をアップグレード

拡張性に優れたデータセンター・テクノロジーで患者とシステムの同期型電子カルテへのニーズに対応。

インテルのテクノロジーを搭載したコスト効率と拡張性に優れた電子カルテ・ソリューションで、同期が保たれ拡張可能な医療を実現。

医療システムは世界中で各方面からの圧力を受けています。患者とシステムは、調整と同期の行き届いた高品質で無駄のない医療システムを求めています。こうした要求が高まっているため、医療データの量は飛躍的に増え続けています。インテルと VMware のソリューションを使えば、医療施設の管理者は先進的な電子カルテ・プラットフォームの利点を活かし、押し寄せるようなユーザーからの要求やデータベース・コストの増加に対応し続けることができます。

多くの医療システムではいまだに従来型の RISC ベースのプラットフォームが使われています。残念ながら、こうしたシステムのほとんどは現代の EHR で必要とされる高スループットに対応できません。インテルのアーキテクチャーをベースとした EHR に一新すれば、課題を一挙に解決することができます。リレーショナル・データベース・ソフトウェアと最新のインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したハードウェアにアップグレードすれば、前世代のものに比べてパフォーマンスが 17% 向上します。

データの読み出しが増えるため、データセンターは効率性と拡張性を高めなければなりません。インテル® Xeon® プロセッサー E7 v4 は、割り当てられる vCPU 数が前世代よりも 35% 増え、病院は以前よりもはるかに小さなフットプリントで適応と進化が可能になりました。この優れた拡張性が総保有コストに大きなメリットとして働きます。

病院の管理者はデータセンターからエンタープライズ・レベルの信頼性と品質を享受できるはずです。インテルのソリューションは、ビジネスで今や当たり前とされる可用性、保守性、信頼性を提供します。インテルのプロセッサー、メモリー、データ入出力パスの性能は群を抜いており、コスト効率良く立ち上げまでこぎ着けられます。

管理者に RISC ベースのプラットフォームとデータベースに習熟することを求めるのは現実的ではありません。医療にはアクセス性と安全性の高い管理プラットフォームが必要です。x86 アーキテクチャーならその 2 つを両立できます。インテルのソリューションなら、インストールが素早く完了し、トレーニングのハードルが低く、障害復旧がこれまで考えられなかったほど処理しやすくなっています。