GE ヘルスケアとインテルの協業で視覚化の処理時間を短縮

1日で撮影されるコンピューター断層撮影 (CT) および磁気共鳴映像法 (MRI) の平均撮影回数は、この 10年間で大幅に増加しています。その結果、放射線科医が精査しなければならない画像数も増加の一途をたどり、彼らの負担も増大しています。インテル® Xeon® プロセッサーのパワーとパフォーマンスを活用する GE ヘルスケアの Advantage Workstation (AW) プラットフォームは、高度な視覚化および診断機能を提供し、医師間の迅速かつ容易な画像共有を可能にします。これにより、射線科医は医用画像への迅速なアクセスと視覚化全般に関する使い勝手の良さを体験できます。