よりインテリジェントで接続と個別化された医療を実現する

テクノロジーの進化は、ヘルスケアやライフサイエンスといった医療や医学の分野にも影響を与えています。AI、ロボット工学、IoT といったテクノロジーは、医療をよりインテリジェントで接続と個別化されたものにしています。こうしたテクノロジーは、医療従事者や関係者が、より患者とその治療に集中できるように設計されています。

例えば、医用画像の処理に AI を活用することで、医療従事者はより迅速かつ正確に異常を特定できるようになり、素早い診断を下すことにつながる可能性があります。1 その他にも、AI は、個別化医療や手術精度の向上、患者や個人のヘルスデータの分析やゲノミクス研究など、多くのヘルスケアやライフサイエンスの分野で活用されています。また、ヘルスケア分野における IoT テクノロジーと AI の融合が、遠隔医療、患者のモニタリング、電子カルテ (EHR) の保管などを変革しています。

インテルのヘルスケア・テクノロジーは、効率性を向上させ、医療従事者が患者と向き合い治療に集中できるようにします。また、インテルのイノベーションにより提供された強力なツールは、研究者がヘルスケアやライフサイエンスの分野における課題の解決や画期的な発見を促進します。インテルはこれからも、ヘルスケア・コミュニティーのソリューション・プロバイダーやエンドユーザーと協力して、ヘルスケアとライフサイエンスに変革をもたらすテクノロジーを開発し続けていきます。

期間限定イベント第 2 弾
「Healthcare Week」開催!

インテル AI Park は 10月23日 (金) より、最新の医療関連の AI テクノロジーをまとめてご紹介する期間限定イベント「Healthcare Week」を開催します。

最新の医療 AI と医療向けソリューションや事例について、業界を牽引する医療 AI の研究機関やインテル AI Park のパートナー企業によるオンラインセミナーやデモでご確認ください。

期間限定イベント「Healthcare Week」のチラシを見る

Healthcare Week の詳細はこちら

ヘルスケアとライフサイエンス分野の導入事例

GE ヘルスケアによる医用画像処理における AI の推進

危機的な状態を診断する際には、一秒一刻を争います。GE ヘルスケアとインテルは、胸部 X 線に AI を適用し、生命を脅かす状態を数秒で検出し、重要な症例の優先順位を高める医用画像処理ソリューションで協業しました[f: GE ヘルスケアの医用画像処理診断の事例:システムテスト構成の開示:インテル® Core™ i5-4590S CPU @ 3.00 GHZ、x86_64、VT-x 対応、16GB のメモリ、OS.Linux magic x86_64 GNU/Linux、Ubuntu 16.04 推論サービス・ドッカー・コンテナー。テストは GE ヘルスケアが 2018年9月に実施しました。テストは、TensorFlow モデルの合計推論時間 3.092秒と、インテル® Distribution of OpenVINO™ ツールキットで最適化された TF モデルの合計推論時間 0.913秒を比較するものとなっています。]

導入事例を読む

医用画像処理の導入事例

Akara の AI 搭載ロボットが病院の施設を消毒

スタートアップのAkaraが開発し、インテル® Movidius™ VPU を搭載したロボット・プロトタイプは、UV 光を使用して汚染された表面を消毒しています。Akara の目標は、病院が部屋や機器を衛生化できるようにすることで、COVID-19 との戦いを支援することです。

導入事例を読む

ブロード研究所とともにゲノミクス研究を加速

インテルとブロード研究所がゲノミクス解析のためのデータセンター・ソリューションで協業しています。この取り組みにより、世界中の研究データセットを組み合わせることが可能になり、研究者がこれまでに入手できなかったかもしれないデータにまでアクセスできるようになりました。

ゲノミクス研究の詳細

医療従事者を保護するメディカルインフォマティクス社とインテル

メディカルインフォマティクス社は、病院が ICU のキャパシティーを迅速に拡大できる、リモートによる集中治療モニタリング・ソリューションを提供しています。インテル® Xeon® プロセッサーで動作する Sickbay* は、医療従事者を保護しながら、より多くの患者に医療を提供し、包括的なデータへのリモートアクセスを提供できるように病院を支援しています。

詳しくはこちら

OpenVINO™ ツールキットで眼底写真から目の疾患を類推する AI システムを構築

帝京大学医学部附属病院は、眼底写真から疾患を類推するディープラーニングの評価システムにおいて、インテルの OpenVINO™ ツールキットを活用してパソコン上で認識処理を実行する環境を構築しました。

ソリューション概要を読む

インテル® テクノロジーを活用して高信頼・高可用を実現した IEC 60601-1 適合の医療機器用コンピューターを開発

日立製作所は、より効率的なオペレーションが求められている医療や介護の現場において、複数の入院患者のバイタル (生体) 情報をナース・ステーションなどで集中的に監視する「セントラルモニター装置」に適したインテル® Core™ プロセッサー搭載の産業用コンピューター「HFW2000/M モデル 45*」を開発しました。

導入事例を見る

インテル・ベースで構築されたアプリケーション

AI や分析がより高速に実行できれば、臨床医や研究者はより効率的に仕事ができるようになります。インテルは、コンピューティング、メモリー、ストレージ、ネットワーク・テクノロジーなどのポートフォリオにより、コロナウイルスから世界を救う現場で使用されているヘルスケアおよびライフサイエンス向けのアプリケーションをサポートしています。これらのアプリケーションは、研究室から患者のベッドサイド、家庭や街中まで、あらゆるところで利用されています。

医用画像処理

インテルは、CT、MRI、PET、X 線、超音波、内視鏡検査システムなどの医用画像を活用するためのコンピューティング能力を提供し、医師の正確で迅速な診断を支援します。また、AI を医用画像処理に使用することで、患者の負荷軽減、臨床医の作業負荷の低減と作業効率の向上に貢献できます。

医用画像処理

分析

インテルは、医療やヘルスケア分野における最新のビッグデータ・プラットフォーム、AI モデル、エッジ・コンピューティングなど、医療やヘルスケアにおける分析のための基盤を提供し、データから迅速な洞察を抽出する支援をしています。インテルを基盤とした分析は、エッジからクラウドまでのすべての場所で、いつ、どこで治療が必要になるのか予測したり、患者の生体情報をリアルタイムで追跡することを可能にします。

医療分野におけるエッジ分析

医療分野における予測分析

研究室のデジタル化

ライフサイエンスに従事する研究室の進歩は、患者の遺伝子データに基づく高精度医療や、より迅速で画期的な創薬の実現など、医療やヘルスケアにおける新たな戦略の構築に繋がります。ゲノミクスから創薬、感染症管理まで、インテルのテクノロジーが研究室のデジタル化を支援し、一貫した計測やデータ収集に基づくデータ分析と県境の効率化を実現します。

研究室のオートメーション化

高精度医療の進化を促進

遠隔医療

遠隔医療は、生体情報のモニタリング、慢性疾患の管理、専門医による診察など、患者をリモートからケアするために、さまざまなテクノロジーが使用されています。インテルのテクノロジーがは、包括的で統合された遠隔医療ソリューションによる治療を患者に提供します。

遠隔医療の次なる進化

医療やヘルスケア分野のロボット

インテルのテクノロジーを搭載したさまざまなロボットが医療やヘルスケアの分野で変革を進めています。外科医は、AI を搭載した手術ロボットにより、患者の体内をより詳細に観察して、非侵襲的な手術を行うことができ、消毒や搬送をロボットが担当することで、院内の清掃や備品の配送といった作業負荷が軽減されます。また、遠隔治療や生活をサポートする支援ロボットにより、患者はより高度な治療を自宅で受けることが可能になります。

ロボットの進化によるヘルスケア分野の改善

ヘルスケアとライフサイエンス分野での実績あるソリューションを見る


インテルが提供する業種別の最新動向とテクノロジー・ニュース

ご登録いただくと、Bit Feed メールや、ソリューション、ビジネスインサイト、ウェビナーおよびイベントに関する最新情報を盛り込んだインテルのニュースレターを電子メールでお届けします。インテルに関するニュースや業種別の最新動向をぜひご確認ください。

18 歳以上であることを確認し、インテルがマーケティング関連の E メールまたはお電話でご連絡することに同意した上で、このフォームを送信してください。登録はいつでも解除できます。インテルのウェブサイトとお知らせには、インテルのプライバシー通知および利用規約が適用されます。

18 歳以上であることを確認し、インテルがマーケティング関連の E メールまたはお電話でご連絡することに同意した上で、このフォームを送信してください。登録はいつでも解除できます。インテルのウェブサイトとお知らせには、インテルのプライバシー通知および利用規約が適用されます。

免責事項

1GE ヘルスケアの医用画像処理診断の事例:システムテスト構成の開示:インテル® Core™ i5-4590S CPU @ 3.00 GHZ、x86_64、VT-x 対応、16GB のメモリ、OS.Linux magic x86_64 GNU/Linux、Ubuntu 16.04 推論サービス・ドッカー・コンテナー。テストは GE ヘルスケアが 2018年9月に実施しました。テストは、TensorFlow モデルの合計推論時間 3.092秒と、インテル® Distribution of OpenVINO™ ツールキットで最適化された TF モデルの合計推論時間 0.913秒を比較するものとなっています。