ゲーム・パフォーマンスを再定義

RAM や インテルのテクノロジーを基盤とする DDR3/DDR4 メモリーをオーバークロック1 して、これまでになく高速で臨場感あふれるゲームを体験できます。2 3

メモリーをより強化するインテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP)

インテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) を使用して、互換性のある DDR3/DDR4 メモリーなどの RAM をオーバークロック1 すると、インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載の PC に組み込まれたゲーム機能を強化できます。さらなる武器を手に入れて、圧倒的優位に立ちましょう。1

仕組み

事前に定義されたテスト済みのインテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) のプロファイルを BIOS または特定のチューニング・アプリケーションを使用してコンピューターのオペレーティング・システムから読み込みます。ご利用のシステムに適したチューニング・ユーティリティーを見つけるには、マザーボード・メーカーにお問い合わせください。

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー搭載のゲーム向けデスクトップ PC を購入 ›

認定プログラム

インテルのソフトウェア認定プログラムを使用すると、メモリーベンダーは、自社製品のインテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) との互換性を確認できます。また、大手ベンダーが販売している互換メモリー DIMM を確認することもできます。

インテル® XMP に関するよくあるお問い合わせ (FAQ)

利用モデルに応じて、プリセットやユーザー定義のメモリー・プロファイルを選択できます。例えば、高度なゲームでは、アグレッシブな低レイテンシー・プロファイルを使用し、ホームオフィスや Web の閲覧などの日常的なホーム・コンピューティングでは、デフォルトのメモリー設定を使用できます。

メモリー・モジュール・サプライヤーは、独自の機能をプログラミングすることで、ほかでは得られない価値をエンドユーザーに提供できます。

適切なプロファイルを選択するだけで、エンドユーザー自身が簡単にプラットフォームをオーバークロック1 できます。BIOS で個々のパラメーターを調整する必要はありません。デフォルトのプロファイルを再び選択すれば、プラットフォームをデフォルト設定にリセットできます。

上級ユーザーは、BIOS で特定の SPD パラメーターを手動で変更してプロファイルを保存できます (プラットフォーム / BIOS 固有)。

デフォルトの JEDEC 設定による「初回起動」では、DDR3/DDR4 の標準 JEDEC 仕様 (標準の DDR3/DDR4 メモリー周波数) を使用し、ベース機能を確立します。その後、ユーザーは BIOS に入って、手動で設定を変更できます。

インテル® XMP の有効化と使用は、オーバークロック1 の一種です。その結果 CPU の保証が無効になります。動作周波数または電圧を改変した場合、プロセッサーや他のシステム・コンポーネントの故障や耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下するおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーを動作させた場合、製品保証は適用されません。詳細については、システムおよびコンポーネントのメーカーにお問い合わせください。

インテル® XMP 認定メモリーモジュールは、特定のマザーボード上で特定のプロセッサーを使用してテストされています。メモリーベンダーは、ユーザーが安心してオーバークロック1 できるように、インテル® XMP 自己証明テストプランを実施しています。インテル® XMP 認定モジュールは、インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー向けインテル® XMP メモリーのデータシートに記載されています。

インテル® エクストリーム・メモリー・プロファイル (インテル® XMP) を使用してプロセッサーをオーバークロックする場合、パフォーマンス・チューニング保護プラン (PTPP) ではプロセッサーは対象となりますが、メモリーは対象となりません。

オーバークロック1 を実現するツール

オーバークロック1 の詳細

プロセッサー、RAM、マザーボードのオーバークロック1 とは、仕様を超えて性能を引き出すために PC を独自に調整することです。オーバークロックはコンポーネントの動作スピードを速め、高速なゲームプレイを可能にします。

よりハードに遊ぶ

インテル® エクストリーム・チューニング・ユーティリティー (インテル® XTU) を使う

このシンプルな、Windows* ベースのパフォーマンス・チューニング・ソフトウェアで、ご利用のシステムのオーバークロック1、監視、負荷テストを実行できます。

性能を上げる

免責事項

1

クロック周波数または電圧を改変すると、プロセッサーやほかのシステム・コンポーネントの故障または耐用年数の減少を引き起こしたり、システムの安定性やパフォーマンスが低下したりするおそれがあります。仕様の枠を超えてプロセッサーを動作させた場合、製品保証の対象外となることがあります。 詳細については、システムおよびコンポーネントのメーカーにお問い合わせください。

2

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。実際の性能はシステム構成によって異なります。詳細については、各システムメーカーまたは販売店にお問い合わせいただくか、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

3

パフォーマンス・テストに使用されるソフトウェアとワークロードは、パフォーマンスがインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などのパフォーマンス・テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。これらの要因のいずれかを変更すると、結果が異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品のパフォーマンスなど、ほかの情報やパフォーマンス・テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、http://www.intel.co.jp/benchmarks (英語) を参照してください。