ウェアラブルが実現する健康保険のパーソナライズとコスト削減

ウェアラブル・デバイスと高度な分析機能を導入すれば、健康的な習慣の促進と顧客インサイトの提供が可能になり、保険サービスの差別化を図ることができます。

分析とウェアラブル・デバイスを活用して、ブランディングを強化し、リスク・プロファイルをシフトさせ、顧客管理を安定的かつ効率的な状態に維持します。

今日の保険市場では、多数のビジネスリーダー企業が、自社を差別化するための特色を模索しています。利用者は、さらにパーソナライズされた製品と、高レベルの顧客サービスの組み合わせを求めています。先進的な分析とウェアラブル・テクノロジーを組み合わせることにより、保険会社はウェルネススコアを高めたいという顧客の動機を利用して、指定された全保険期間の保険料金を管理する機会を顧客に提供できます。ビジネスの面では、先進的なデータ収集および指標機能によって、保険会社は顧客ロイヤルティーの向上、収益の増加、申請コストの軽減を実現することができます。ウェアラブル・テクノロジーおよび分析は、人々の健康を総合的に改善する可能性があります。つまり、すべての関係者にメリットがあると言えます。

(注: インフォグラフィックの内容はインテル社内の分析に基づいています) 

多くの保険会社にとって、顧客の生活において、頼れるパートナーとして信頼を寄せられる立場を確立することは容易ではありませんが、優れたブランディングによって、こうした関係を構築できます。ウェアラブル・デバイスはブランドの認知を高め、健康意識の高い顧客を引き付けることができます。さらに、ウェアラブル・デバイスを採用することによって、保険会社は革新的で健康にフォーカスしたサービスを提供する企業としての地位を確立できます。

保険会社は、顧客による申請の量を減らすと同時に、健康を増進させる機会を見つけようとしています。ウェアラブル・デバイスを利用することで、生産性を高め、顧客の健康を総合的に増進させ、保険会社の支出を削減することができます。非健康的な習慣を持つ顧客に対応することで、ウェアラブル・デバイスは顧客の健康とビジネスでの成功を推進するための新たな方法を実現します。

人口統計的変化や技術の変化により保険業界では変革が起こっており、多数の保険プランのライフサイクルに影響を与える新たな課題が発生しています。プロバイダーは常に、顧客に優れたサービスを提供する、コスト効率の高い方法を常に模索しています。ウェアラブル・デバイスから収集されたデータと、Hadoop*、NoSQL* などのテクノロジーを基盤とした先進的な分析プラットフォーム分析により、顧客行動の処理と理解はかつてないほど容易になっています。

ある大規模な調査によると、保険利用者の 68% が、保険料金の優遇と引き替えに、匿名データを送信するウェアラブル・デバイスを使用するとのことです。こうしたメリットを利用するには、プロバイダーは顧客のデータを安全に保管するという約束を果たす必要があります。提供サービスを増やすために事業を拡張する場合はなおさらです。最先端のデータ暗号化および匿名化を利用することで、プロバイダーは自社のデータを効率的に管理し、さらにパーソナライズされたサービスからメリットを得ることができます。