生体認証テクノロジーによる顧客体験の向上

バイオメトリック・シグネチャーを導入して、生産性の向上とプロセスの最適化を実現しましょう。

便利で強力なバイオメトリック・シグネチャー・システムにより、顧客データを保護し、認証を強化して、生産性を高めます。

セキュリティーおよびコスト効率において、生体認証は新たなステップを実現します。数百万の人々や数千もの企業がすでに生体認証を使用しており、使用率は増加の一途をたどっています。2012年から 2014年にかけて、生体認証の運用件数合計は 2 億件から 8 億 5,000 万件までに増加しました。このシグネチャー方式は、さまざまな権限の人を識別するための安全かつ便利な方法を実現します。インテル® Core™ vPro™ プロセッサー・ファミリーは生体認証ソリューションを強化するのに必要な処理能力を提供します。

紙面による記録は現在でも行われていますが、生体認証ソリューションを使用することで、堅牢な生体認証セキュリティーによって記録が保護されるようになることから、記録のデジタル化を推進することができます。CaixaBank では現在、同行の年間 5,000 万件のオペレーションの 90% をデジタル化された生体認証によって検証しています。これにより、各支店で約 70 平方メートルのスペースを削減することができました。生体認証がなければ、このスペースはファイル・キャビネットで埋まっていたことでしょう。この結果、保管スペースと紙面での記録に必要な要件管理にかかるコストの削減が可能になりました。

デジタル署名はコストを削減し、コンピューター内や、電話やカードなどの外部デバイス内の情報を保護するのに役立ちます。生体認証は、ユーザーがキャプチャー・デバイスを操作する際にユーザーの信頼性を保証することにより、ユーザーの保護とセキュリティーに新たな階層を追加します。さらに重要なのは、この保護の階層により、さらにシームレスかつ便利な顧客体験が実現するということです。そして、こうした顧客体験によって、銀行のビジネス手法を変革することができるのです。使用する紙の量を減らすことで、莫大なコストを削減することができます。スペインの主要な金融機関の 1 つである CaixaBank は、紙面を使用した作業をデジタル化し、契約への署名に生体認証ソリューションを使用することにした結果、顧客体験を向上させ、同行の 5,000 の支店でスペースを削減することができました。

さまざまなプラットフォームにおける信頼性と妥当性に対する疑念が原因で、紙の文書が偏重されることがよくあります。生体認証ソリューションは、銀行貸し出しの署名から保険ポリシーの許可まで、さまざまなプロセスに使用することができます。

金融市場は現在、プロセスの最適化に関する大きなプレッシャーに直面しています。顧客は、見積、認可証、契約書、請求書、新規口座の開設に伴う文書など、大量の書面を作成しています。生体認証に対応したインテル搭載の 2 in 1 ソリューションを利用することで、機関全体で紙の使用を確実に減らすことができます。これらのソリューションを利用することで、文書の作成、署名、保管をデジタル化して素早く実行します

インテルとともに生体認証テクノロジーを利用して最先端の変革を推進する

金融セクター向けの生体認証ソリューション・ガイド

生体認証ソリューションの基本的な特性を説明し、金融業界に関する具体的な課題を説明する使用事例を紹介します。

ソリューション・ガイドを読む

導入事例: CaixaBank のデジタル化されたバイオメトリック・シグネチャー・ソリューション

Serban Biometrics* とインテルのデジタル化された生体認証ソリューションがモバイル、セキュリティー、そして顧客体験を目覚ましく向上させる方法について紹介します。

導入事例を読む

デジタル署名と生体認証の違い

Serban のビデオを視聴して、デジタル署名と生体認証の違いについて学びましょう。

ビデオを見る

インテルがデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーションを実現