概要

さまざまな業界で、システム・インテグレーター、アウトソーシング企業、社内 IT 部門を含めたすべてのタイプのサービス・プロバイダーが、従来型のビジネス向けデスクトップ PC、ノートブック PC、サーバーから、小売の POS 端末、デジタルサイネージ、自動販売機、ATM といった IoT システムに至るまで、ますます多様化し増え続けるデバイスの管理とセキュリティーの責任を担うようになっています。各サービス・プロバイダーは、サービスレベル・アグリーメント (SLA) ...を満たすため、またはそれ以上のテクノロジー・サポート・サービスを提供するために、セキュリティーの維持、デバイスへのリアルタイム・リモート・アクセスの増加、管理システムの統合、タスクの自動化などの課題に対処できる、新たな管理アプローチを必要としています。多くの組織がこのような課題に取り組んでいますが、そのアプローチには、一貫性、安全性、ポリシー主導型管理が欠けていることがあります。コストの管理や地理的に分散したデバイスのサポートと同時に、経験豊富なデバイスユーザーのニーズを満たすことは非常に困難です。そのため、IT インフラストラクチャー・ライブラリー (ITIL*) のバージョン 3 で定義されているような標準のベスト・プラクティス手法を導入することで、サポートサービスとビジネスニーズを調和させ、オペレーショナル・エクセレンスを確立しようとする組織が増えています。このような取り組みは多くの場合、組織に大きなメリットをもたらします。

インテルが実現するデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーション


関連ビデオ