エグゼクティブ・サマリー

エグゼクティブ・サマリー

エグゼクティブ・サマリー

IDC は先日、ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC) 分野の成長をけん引する最も大きな要因の 1 つとしてディープラーニングを挙げました。最近まで、人工知能 (AI) のこの分野は、専用インフラストラクチャーとデータ・サイエンティスト・チームの専門知識を必要とするため、リソース消費があまりにも大きく、大企業以外で導入されることはありませんでした。中小規模の企業には、このカテゴリーでマシンラーニング (ML) のメリットを実現するための予算や技術力が不足していたと見られます。しかし、インテルによる Nervana テクノロジーの買収を受けて、今後はディープラーニングの普及が進みます。ディープラーニング向けのインテル® Nervana™ プラットフォームを活用することで、企業は高精度なエンタープライズ・グレードのカスタム AI ...ソリューションを迅速かつ効率的に開発、導入できるようになります。ディープラーニング向けインテル® Nervana™ プラットフォームには、ホスト型 Nervana Cloud* またはオンプレミス型ソリューションの 2 つの導入方法が用意されています。ディープラーニング向けインテル® Nervana™ プラットフォームならば、ビジネスの規模を問わず、高度分析機能の利用が可能になります。1

インテルが実現するデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーション


関連ビデオ

免責事項

1その理由は、ディープラーニングが、未接続の大規模なデータセットから洞察を抽出して、不正行為の防止や、カスタマーサービスの改善、予測能力の強化、ナレッジ管理の迅速化といった金融機関が直面する複雑な課題に対し、確実なソリューションを提供できるためとされています。