デジタル化された生体認証によって、スペインの大手銀行が顧客の銀行体験を変革

デジタル化された生体認証によって、スペインの大手銀行が顧客の銀行体験を変革

デジタル化された生体認証によって、スペインの大手銀行が顧客の銀行体験を変革

スペイン最大規模の金融機関である CaixaBank は、スペイン全体で 5,000 以上の支店を運営しており、スペインの人口の 1/4 がメインバンクにしている大手銀行です。CaixaBank は、よりスムーズな顧客体験と従業員のモビリティー向上という目標を設定したとき、デジタル化がカギになると予測していました。同行では、Serban Biometrics とインテルが提供するデジタル化された生体認証ソリューションを使用して顧客が契約に署名できるようにすることで、わずらわしい紙面での作業を廃止しました。その結果、従業員の業務は完全にモバイル化されつつあり、顧客は最先端の銀行に期待されるスムーズなデジタル体験を得ることができました。そして、こうした変革はすべて、セキュリティーやコンプライアンスを損なうことなく実現されています。

関連ビデオ