銀行の未来を形作るテクノロジー

分析、AI などの最新テクノロジーが、リテールバンキングやデジタルバンキングの体験を変革しています。

銀行業界のデジタル変革によって、セルフサービス機能の普及から不正検出の強化まで、新たな可能性が広がっています。その結果、金融機関は、さらにパーソナライズされたサービスの提供や、業務効率の向上により、顧客のエンゲージメントと満足度の向上を図ることができます。1

銀行の物理環境とデジタル環境の融合

銀行、信用組合、証券会社は、個人向け金融取引の文化における大きな変革に直面しています。オンラインバンキングやモバイルバンキングが広まったことで、お客様はさまざまなサービスのデジタルかつセルフサービス形式での利用を期待するようになりました。個別のサービスには銀行の窓口に行ったり支店長に会ったりする必要もまだありますが、日常的な取引や口座の維持管理には行列を避ける方法を選択する人が増えているようです。

リテールバンキングの未来とデジタルバンキングの未来は絡み合っています。多くの金融機関が、従来型の店舗で柔軟性と利便性を高め、デジタル化するテクノロジーを組み入れようと支店の再設計を図っていますが、このデジタルの優位性を活用しなければ、利用者の実店舗とオンラインでの体験に一貫性を生み出すことはできません。これがオムニチャネル戦略を支え、お客様の求める方法、タイミング、場所でサービスを提供できるようになります。

この変革を推進しているのが、高度な分析、AI、エッジでのインテリジェンスというバンキング・テクノロジーの主要なトレンドです。これらのテクノロジーによって、動的なデジタルサイネージやセルフサービス・キオスクといった新しいタイプのサービスが各店舗で実現されている一方で、金融機関のデータセンターにおいては、ビッグデータや AI のワークロードに対応するよう拡張できるシステムへと移行することで、次世代バンキングに向けた準備が進められています。

金融分析による新たな洞察

オンラインバンキングやモバイルバンキングが広く普及したことで、金融機関はこれまでになく、お客様の行動に関するデータにアクセスできるようになりました。ビッグデータ・プラットフォームによって金融分析がかつてないレベルに引き上げられ、新たな製品やサービスを生み出すことも、すでに提供している製品やサービスを改善することもできます。

そして今、エッジにもインテリジェンスが備わり、洞察の抽出はもはやデータセンターに限定されるものではありません。IoT テクノロジーの新たな波によって分析と AI が支店に導入され、実店舗がさらにオンラインチャネルと同様に稼動できるようになっています。例えば銀行では、IP カメラと AI 搭載ビジョン・テクノロジーを使用して、窓口の待ち時間を 1 日の時間帯別に測定することも可能です。このような洞察によって、スタッフの配置など、支店長はより情報に基づいて判断できるようになります。

IoT テクノロジーの新たな波によって分析と AI が支店に導入され、実店舗がさらにオンラインチャネルと同様に稼動できるようになっています。

AI による銀行取引サービスの向上

人工知能 (AI) は、ほぼすべての業界を変革する可能性を秘めており、すでに金融サービスに強い影響を与えています。銀行取引に AI を導入することで、金融機関の効率とサービスの向上だけでなく、リスク管理と規制遵守にも役立つと見込まれています。顧客サービスのチャットボットや仮想アシスタントは、自然言語を理解する能力が上がるほどさらに便利になります。AI 搭載の不正検出では、不審な行動や不当請求の特定が可能になり、モデルが学習するデータが増えるほど、時間の経過とともに性能が向上します。

AI 導入によるサービスの向上は支店でも同様です。顔認証を組み込んだセルフサービス・キオスクならば、口座にアクセスしようとする不正ユーザーを識別し、その取引を阻止して、犯人の画像を撮影することができます。ビジョン機能を組み込んだデジタルサイネージならば、ディスプレイを見ている人を「確認」して、そのオーディエンスのタイプに応じてメッセージを変更することもできます。

銀行取引におけるセキュリティーの強化

保護する対象が取引でも顧客情報でも、あらゆる金融機関が最重要するのはデータ・セキュリティーです。セキュリティー・テクノロジーを組み込んだバンキング・ソリューションならば、データを安全に保護することができます。

ハードウェア支援型のメモリー暗号化

インテル® ソフトウェア・ガード・エクステンションズ (インテル® SGX) を活用すると、アプリケーション開発者やソリューション開発者は、ハードウェア支援型のメモリー暗号化による、粒度の高い制御が可能になります。インテル® SGX によって、メモリー内に存在する特定アプリケーションのコードとデータを隔離することができますが、銀行業界のサイバーセキュリティーを強化する方法は、このテクノロジーに限りません。

生体認証セキュリティー

生体認証セキュリティーにより、金融機関は日常の業務を遂行しながら、顧客体験を向上し、信頼性を確保することができます。インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリーが、指紋認証、網膜認証など、バイオメトリック・シグネチャー・ソリューションの実現に必要なパフォーマンスを提供します。

セルフサービス形式のバンキングキオスク

セルフサービス形式のキオスクを利用したことがある消費者は世界中で 85% に上り、その体験2 を快適と捉えているようです。最新世代のセルフサービス・キオスクでは、従来の ATM 以上のことができ、現金の引き出しや預金だけでなく、口座の開設、投資ポートフォリオの検討、アップグレードや特典の確認、請求書の支払いなどを行うこともできます。こういったサービスがすべて、お客様の都合に合わせていつでも、銀行の営業時間外でも利用できるようになっています。

あるインテルのパートナー企業によると、セルフサービス形式のバンキングキオスクによって、利用数が平均 20 ~ 30% 増加し、同時に顧客定着率の向上と間接費3の削減につながったと報告されています。

接続性、ビジュアル性能、AI の進歩により、キオスクはさらに多くのサービスを提供できるようになりました。例えば、Virtual Teller Machine (VTM: セルフ窓口端末) を使って、お客様は別の場所にいる窓口係とテレビ会議で個別に相談することができます。また、Intel vPro® プラットフォームの一部として提供されるリモート管理機能により、キオスクをどこにでも設置できるので、銀行は費用をかけて新しい支店を建築することなく、展開地域を拡大することもできます。

デジタルサイネージによる動的な体験

銀行にデジタルサイネージを導入すれば、店舗にいるお客様に大きく印象づけることができます。また、お客様が窓口係、支店長、コンサルタントを待っている間にメッセージを伝える有効な方法でもあります。支店の入口付近やロビーにデジタルサイネージを設置することは、銀行や信用組合を財政面の目的を達成する信頼できるパートナーであると利用者が再認識できる中心的なブランドメッセージの伝達に最適です。お客様が取引の領域に入れば、デジタルサイネージで金融商品やサービスのプロモーションを行うこともできます。

最新のデジタル・サイネージ・ソリューションに備わる高解像度の動画とグラフィックスにより、物理体験とデジタル体験を融合し、店舗内で動的な宣伝を行う独自の方法も可能になります。ビデオ分析が内蔵されているため、オーディエンスの層に応じてコンテンツ表示をカスタマイズし、例えば、顧客層が比較的若ければ住宅ローンのキャンペーン金利を、年配の顧客層には資産管理サービスに関する情報を表示することができます。全支店でコンテンツを更新することも、最新情報が入り次第すぐに共有することも簡単にできます。

あるインテルのパートナー企業によると、セルフサービス形式のバンキングキオスクによって、利用数が平均 20 ~ 30% 増加し、同時に顧客定着率の向上と間接費4 の削減につながったと報告されています。

シンクライアントによる効率的な IT 管理

IT 環境の効率化を検討している銀行の場合、シンクライアント・コンピューティングによって、ソフトウェア管理の簡素化とコストの削減を図ることができます。インテル® NUC などを利用するシンクライアント端末は、そのデバイス自体ではなく、リモートサーバーでホスティングされている仮想化コンピューティング・リソース上で動作します。中央のサーバーであらゆる端末をホスティングできるので、アプリケーションやオペレーティング・システムのアップデートも効率的です。IT チームは、各デバイスでセキュリティー脅威が発生していないか監視することもできます。インテル® Xeon® プロセッサー搭載サーバーが、シンクライアント・コンピューティングに必要なパフォーマンスを実現します。

銀行業界向けのインテル® テクノロジー

インテルは、パフォーマンス、セキュリティー、管理機能を目的に設計されたさまざまなハードウェアとソフトウェアにより、最新のデジタル・バンキング・ソリューションを実現しています。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーは、デジタルサイネージやセルフサービス・キオスクの強力な基盤として、超高精細 (UHD) のビジュアルと高い応答性のタッチスクリーンを支えています。Intel vPro® プラットフォームに対応したプロセッサーであれば、リモート管理とセキュリティー機能が追加されます。

さらに、インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットによって、コンピューター・ビジョン・アプリケーションの開発を効率化して、デジタルサイネージやキオスクのソリューションにオーディエンス分析などの機能を追加することも可能です。

銀行取引の環境が大きく変わる中、インテルは、信頼のパフォーマンスと高度な機能を実現するテクノロジーにより、引き続きデジタル・トランスフォーメーションを推進し、金融機関がお客様へのサービスを向上し、業務を効率化できるよう支援していきます。

いつでも活用できるインテルのサポート


今後のテクノロジー・プロジェクトについてのご要望をぜひお聞かせください。

銀行業界の関連情報

銀行業界のトレンドに関する情報と、銀行、信用組合、証券会社の顧客体験を向上するテクノロジーについて詳細をご確認ください。

バンキング・テクノロジー

インテル® テクノロジーが、IoT、AI などのソリューションにより、どのように銀行業界のデジタル変革を推進しているか紹介します。

詳しくはこちら

ビデオ: 銀行のセルフサービス・キオスク

セルフサービス・キオスクを導入することで、金融機関はアクセスしやすいスピーディーなサービスを求めるお客様の期待に応えることができます。

ビデオを見る

インフォグラフィック: 銀行のキオスク

セルフサービス形式のバンキングキオスクによって、口座の管理からコンサルタントへの相談まで、利用者をサポートするさまざまなサービスを実現する方法について紹介します。

インフォグラフィックを見る

金融サービスにおけるインテルのソリューション

インテルのパートナー企業を通じて提供されるインテル® テクノロジー基盤のソリューションが、どのように金融機関を支援し、新しい価値の提供を可能にしているかご覧ください。

詳しくはこちら

免責事項

1インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化のなかにも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。注意事項の改訂 #20110804
4Zivelo Virtual Banking Expert Kiosks