シリコンが重要な理由: 第 8 世代インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリーによる Windows* 10 のパフォーマンスの強化

インテルの最新のハードウェアは、Microsoft のオペレーティング・システムを補完するように設計されています。

インテルの最近の記事で概説しているように、Microsoft の最新のオペレーティング・システム (OS) である Windows* 10 では、エバーグリーン IT のアプローチを採用しています。Windows* 10 への移行は困難な作業になる可能性がありますが、そのメリットは非常に大きく、金融サービス業界 (FSI) をはじめとするあらゆる業種でメリットがすでに実感されています。主要な機能アップデートが定期的に展開されるため、企業はアップグレードの中断を減らして俊敏性を維持できます。また、Windows* 10 を導入すると、あらゆる規模の企業が、クラウドに適した IT サービスを導入するための確かな基盤を構築し、IT インフラストラクチャーをより効率的に管理できるようになります。Windows* 10 へのアップグレードのメリットは明らかですが、その上に堅固なハードウェア基盤を用意することも不可欠となります。

「生産性の向上からセキュリティーの強化、コストの削減まで、インテルの第 8 世代テクノロジーによって実現される Windows* 10 の強化は、Microsoft の最新の OS への移行に関して、シリコンが本当に重要であることを明確に示しています」

古い PC は起動に時間がかかり、動作も遅いため、生産性が損なわれる可能性があります。さらに、多大な修理コストが発生し、企業の生産性が損なわれる可能性もあります。2020年1月14日に Windows* 7 のサポートの終了が予定されているので、企業は Windows* 10 の導入に備えて PC を更新する時期が来ています。

第 8 世代インテル® Core™ vPro® プロセッサー・ファミリーは、Windows* 10 を補完するように特別に設計されています。デジタル・トランスフォーメーションのバックボーンとなるように設計された、インテルの第 8 世代プロセッサー搭載 PC を活用することで、あらゆる業種の企業が会社の資産を保護し、コストを管理すると同時に、Windows* 10 を使用して従業員の生産性を最適化できます。

第 8 世代プロセッサー搭載デバイスと Windows* 10 の組み合わせは、生産性の面で多くの利点をもたらします。Windows* 10 と第 8 世代プロセッサーを搭載した新しい PC では、4 年前のノートブック PC で実行されている Windows* 10 と比較して、マルチタスク処理が最大 2.1 倍に高速化され、パフォーマンスが最大 80% 向上します。1 さらに、この組み合わせでは、4 年前の PC と比較して、主要な Windows* 10 アプリのデータの分析を 40% 高速化できます。2 また、インテルの最新のプロセッサーで実行される Microsoft の OS は、ノートブック PC で 10 時間という優れたバッテリー持続時間を実現するので、信頼性の高いリモート作業が可能になります。

第 8 世代デバイスに内蔵されたハードウェア保護機能により、Windows* 10 が提供するセキュリティーをさらに強化できます。例えば、インテル® Authenticate テクノロジーは、ハードウェアで ID を検証することで高度な ID 保護を実現します。また、多要素認証 (MFA) も可能であり、Windows* 10 での顔認識もサポートされるようになりました。

コストの面では、新しい第 8 世代インテル® プロセッサー搭載 PC は、Windows* 10 の定期的な更新プログラムを効率的にサポートするためのハードウェア・バックボーンを提供します。Microsoft のエバーグリーン OS を実行するこれらのマシンを利用することで、IT 部門は PC メンテナンス、デスクサイド・サポート、全体的なダウンタイムも削減できます。最新のプロセッサーは、リモート・アウトオブバンド管理を可能にするインテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジーをサポートしています。これにより、IT マネージャーはコンピューターが目の前にある場合と同様に、各コンピューターをリモートから制御できます。

インテルは、マシンをアップグレードする従業員とアップグレードを支援する必要がある IT 技術者の貴重な時間を節約するセルフサービス・アップグレード・プロセスを導入することで、Windows* 10 への独自の戦略的な切り替えをすでに開始しています。2019年末までにすべてのデバイスで Windows* 10 を実行することを目指して、これまでに 10 万台以上のデバイスでアップグレードを完了しました。この移行中に、インテルはこの機会を利用して、更新対象となるユーザーに新しい OS と共に新しいマシンも提供しました。

Windows* 7 のサポート期限が迫っていることもあり、クラウドベースの時代に企業が成功を収めるには、Windows* 10 へのアップグレードがますます不可欠となっています。インテルの最新のプロセッサー・テクノロジーで Windows* 10 を強化することで、最高の体験を従業員に提供できます。生産性の向上からセキュリティーの強化、コストの削減まで、インテルの第 8 世代テクノロジーによって実現される Windows* 10 の強化は、Microsoft の最新の OS への移行に関して、シリコンが本当に重要であることを明確に示しています。

インテルがデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーションを実現


免責事項

1 Slack をバックグラウンドで実行しながら、Microsoft* PowerPoint* の .ppt プレゼンテーション (2.28MB) を 1920x1080 H.264 .mp4 ビデオ・プレゼンテーションとしてエクスポート。ビデオ・プレゼンテーションの作成中に、1) Microsoft* Word の .docx ドキュメント (844 ページ、6.49MB) を PDF ファイル (7.98MB) に変換、2) Microsoft* Excel* の .xlsm マクロ有効ワークシート (70.4MB) の再計算を実行。SYSmark* 2014 SE により測定。第 8 世代インテル® Core™ i7-8650U プロセッサーと第 4 世代インテル® Core™ i7-4600U プロセッサーを比較。SYSmark* 2014 SE は Windows* プラットフォームのパフォーマンスを測定する BAPCo* コンソーシアムのベンチマークです。SYSmark* 2014 SE では、オフィス生産性、メディア作成、データ / 財務分析、応答性の 4 種類の使用シナリオがテストされます。SYSmark* には、Microsoft や Adobe などの独立系ソフトウェア・ベンダーから提供された実際のアプリケーションが含まれています。 更新時の構成: 新しい構成: インテル® Core™ i7-8650U プロセッサー (インテル・リファレンス・プラットフォーム)、15W、4C8T、ターボ最大 4.20GHz、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: インテル® SSD Pro 6000p シリーズ、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、BIOS バージョン 117.07 (MCU 0x84)、OS: Windows* 10 (バージョン 10.0.16299.192)。4 年前の構成: インテル® Core™ i7-4600U プロセッサー (インテル・リファレンス・プラットフォーム)、15W、2C4T、ターボ最大 3.30GHz、メモリー: 2x4GB DDR3-1600、ストレージ: インテル® SSD 540s シリーズ、グラフィックス: インテル® HD グラフィックス 4400、BIOS バージョン 139 (MCU 0x23)、OS: Windows* 10 (バージョン 10.0.16299.192)。性能の測定結果は、2018年1月31日から 2018年2月9日までに実施されたテストに基づいています。また、現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.com/benchmarks/ を参照してください。
2 *220 万件の売上記録が含まれた別のローカル・データ・ソースからの読み込み、クエリー、統計の計算、6 つのグラフの描画に要する時間を測定。*更新時の構成: 新しい構成: インテル® Core™ i7-8650U プロセッサー (インテル・リファレンス・プラットフォーム)、15W、4C8T、ターボ最大 4.20GHz、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ: インテル® SSD Pro 6000p シリーズ、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、BIOS バージョン 117.07 (MCU 0x84)、OS: Windows* 10 (バージョン 10.0.16299.192)。4 年前の構成: インテル® Core™ i7-4600U プロセッサー (インテル・リファレンス・プラットフォーム)、15W、2C4T、ターボ最大 3.30GHz、メモリー: 2x4GB DDR3-1600、ストレージ: インテル® SSD 540s シリーズ、グラフィックス: インテル® HD グラフィックス 4400、BIOS バージョン 139 (MCU 0x23)、OS: Windows* 10 (バージョン 10.0.16299.192)。性能の測定結果は、2018年1月31日から 2018年2月9日までに実施されたテストに基づいています。また、現在公開中のすべてのセキュリティー・アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティーを提供できる製品はありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル® マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark* や MobileMark* などの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。詳細については、https://www.intel.com/benchmarks/ を参照してください。