AI に向かう次のステップ: コラボレーションこそ AI の成功に必要なビジネス文化の転換のカギ

AI の導入を成功させるには、短期的な対応ではなく、長期的な戦略を策定する必要があります。

人工知能 (AI) は、確実な変革の可能性から、現時点で最大の技術トレンドの 1 つとなり、その影響はまだ拡大しはじめたばかりです。このテクノロジーはすでに幅広い業界セクターで採用が進み、金融サービス業界 (FSI) にも大きな影響を与えることになると予測されています。

AI により、企業はいっそう効率的に業務を行い、データをさらに活用して、製品やサービスを顧客に合わせてパーソナライズできるようになります。FSI 企業にとって AI を導入するメリットは、効率、リスク管理、顧客サービスの大幅な向上や、規制遵守の強化などです。金融機関での AI の採用には、カスタマーサービスのチャットボットから、不正利用の検知、商品テスト、問題の解決まで、あらゆる用途が考えられます。

ただし、AI の採用、とりわけ変化のスピードに関して、FSI 企業は多くの課題に直面しています。さらに、金融業界の組織はほかの業界と比べて厳しい規制の対象になっており、従来の IT インフラストラクチャーやプロセスによって制限されることも多いため、 サイロ化されたデータソースを統合し、データ品質を確保するというタスクは、特に困難になる場合があります。

「AI の革新的パワーを最大限に引き出すには、組織内のすべてのメンバーがそのテクノロジーを理解し、活用することが不可欠です」

フィンテックのニュースサービス Finextra Research によりインテル向けに作成された調査報告書によると、主な課題は技術者とビジネスリーダーの間にある潜在的なギャップです。2 つのグループが持つスキルセットや期待の違いが、AI のシームレスな導入を妨げることにもなりかねません。ただし、業界エキスパートによるディスカッションでは、この「2 つの種族」間のギャップを埋めて、銀行が AI を効果的に実装できるように、さまざまな方法が提案されています。

1 つ目の提案は、センター・オブ・エクセレンス (CoE: 中心となる研究拠点) を設け、あらゆる機関が幅広いスキルを持つチームを編成できるようにすることです。これは、多機能チームを編成することの重要性を強調しています。ただし、「センター・オブ・エクセレンス」という言い方は、バックオフィスの従業員にはエリート主義の印象を与える可能性もあるため、別の呼び方で代用できるとも提案されました。両グループ間の相違が認識されると、作業が遅れたり、いつまでたっても完了しないといった不具合が発生しないとも限りません。

イノベーション・フォーラムも、AI の採用を成功させるのに役立ちます。こういったフォーラムには、企業の各部門を代表するトップの役員に加え、テクノロジーとスキルのギャップを埋めるのに貢献するフィンテック・スタートアップ企業から代表者が参加します。このように関係者を一同に集めることは、企業文化を変革して、トップダウンからイノベーションを推進する適切な方法であると調査報告書で提案されています。AI の革新的パワーを最大限に引き出すには、組織内のすべてのメンバーがそのテクノロジーを理解し、活用することが不可欠です。したがって、企業全体にわたる文化的移行が必要になります」

技術者とビジネスリーダーのスキルを組み合わせるために欠かせないもう 1 つの要素は、コミュニケーションです。ビジネスのあらゆる側面にわたって最新情報を共有することは、成功する知識を広めるだけでなく、失敗を共有してミスを繰り返さないようにするためにも不可欠です。

まとめると、インテル CTO 金融サービス業界ソリューションの Parviz Peiravi が最近のウェビナー「The Making of Data and Advanced Analytics Platforms (データおよび高度な分析プラットフォームの形成)」で述べたとおりです。「経営幹部レベルのエグゼクティブのサポートなしでは、AI プロジェクトはおそらく成功しないでしょう。経営幹部レベルのサポートがあれば、AI プロジェクトが成功する可能性は高くなります。なぜなら、プロジェクトの背後には、企業全体でプロジェクトを起こすビジネスニーズとエグゼクティブによる支えがあるからです」

今後の数カ月または数年で、AI は金融サービス業界 (FSI) を完全に変革することになり、効率性の向上、不正利用の検知、パーソナライズが実現されます。ただし、このテクノロジーの採用を成功させるには、強力かつ革新的なリーダーシップが必要です。技術者とビジネスリーダーが連携して、短期的な対応ではなく、AI を実装するための長期的な戦略を策定しなければなりません。

インテルが実現するデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーション