AI 革命と人間: 人工知能の未来に備える

教授でもあるインテルの Genevieve Bell がテクノロジーと人間について語ります。

人工知能 (AI) の進歩はビジネスの世界を変革し続けており、その速度は衰える様子がありません。このテクノロジーはすでに人間の行う作業の補強に役立っており、まもなくその適用範囲は高度な自動化や人間とマシンのコラボレーションを含むまでに拡張される可能性があります。

「技術的に可能なことを実行するだけではいけません。実際には人間にとって意味のあることをする必要があります」

有名な人類学者でありインテルの副社長兼シニアフェローである Genevieve Bell は、先日の Sibos 2018 の素晴らしい最終講演でこのテーマについて考察しました。年 1 回開催されるこのイベントのメインテーマは「デジタル経済の実現」で、クライアントのビジネスの現状が変化する中、銀行はそれをサポートするために、AI などの新しいテクノロジーを使用することで、どのように進化しているかに重点が置かれました。

データの品質確保が、AI を実施する際の主な課題の 1 つですが、Bell の講演では、デジタル・トランスフォーメーションの人間的側面を検討することの重要性が強調されました。

「技術的に可能なことを実行するだけではいけません。実際には人間にとって意味のあることをする必要があります。どのような技術システムを構築する必要があるかについて検討する必要がありますが、将来を管理するためにどのようなスキルが必要になるかも考える必要があります。今後登場するシステムはどのようなもので、それについてどう思うか。そして、それらのシステムを安全に拡張するにはどうすればよいかを検討する必要があります」 (Bell)

人類学者である Bell は人間的側面に注目することに慣れています。「人間の話を熱心に聞き取り、人間が気にかけることをテクノロジーの作り方に反映する、それが常に私の仕事でした」と Bell は説明します。

講演の中で Bell が指摘したのは、新たなテクノロジーの波が来るたびに、完全に新しい仕事の創設が必要になるという点です。そして、IoT、ビッグデータ、マシンに組み込まれるアルゴリズムなどのイノベーションにより、全く新しいさまざまな「サイバー・フィジカル・システム」が登場するようになっています。その例がドローン、ロボット、自動運転車などです。

この新しいサイバー・フィジカル・システムの波が発展することで、数多くの重大な疑問が生じる、と Bell は言います。これらのシステムはどの程度自律的であるべきかという疑問から、だれが制御や制限を設定するかという疑問まで、さまざまな疑問です。さらに、以前のテクノロジーは生産性や効率の向上を成功の唯一の証拠として見る傾向がありましたが、全く新しい世代の指標が必要になると思われます。そして、最も重大な懸念の 1 つが、人間とこれらのシステムとの対話方法です。

「産業革命の第 4 の波は次世代のテクノロジーについて考えるだけではありません。それはどういうことかというと、次世代のヒューマン・ソーシャル・テクニカル・システムについて考えることです。そのような世界を実現に導いているのはだれか、必要なテクノロジーだけでなく、必要なスキル、必要な規制、必要な抑制と均衡、必要な対話は何かを考えることです」 (Bell)

将来 AI と人間がどのように協働するかという点については、現在答えよりも数多くの疑問があります。しかし、明らかに新しいイノベーションは新たな課題だけでなく膨大なチャンスを創出します。そして、企業は 21 世紀に成功できるよう必要なものを備えるのであれば、AI などのテクノロジーと人間との協働方法を検討することが不可欠です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

詳細情報:

関連記事

Democratising AI: Levelling the Playing Field with CognitionX* (AI の普及: CognitionX* による機会の均等化)

政府機関とテクノロジー業界が AI の採用を促進するためにどのように連携しているかを紹介します。

詳しくはこちら

How Blockchain will Transform Finance in 2018 (2018年ブロックチェーンは金融をどのように変革するか)

不正行為撲滅テクノロジーにより銀行はコストの削減だけでなく取引の高速化を実現できます。

詳しくはこちら

インテルがデータ主導型のデジタル・トランスフォーメーションを実現