インテル® AES-NI: 企業のセキュリティー保護

インテル® AES-NI: 企業のセキュリティー保護

インテル® AES-NI: 企業のセキュリティー保護

ホワイトペーパー: インテル® AES-NI を使用した企業のセキュリティー保護

概要
現在、ビジネス環境でも個人の生活においても、情報およびデータを検索、処理、伝達するためのテクノロジーへの需要は、とどまることがありません。知的財産、個人の ID 情報、およびその他の機密情報を保護することは、そのデータを伝送するときも保存するときにも、かつてないほどに重要になっています。

この保護の大部分は、暗号化を通じて実現されます。暗号化とは、秘密のコードを使用する技術です。データを通常の読み取り可能な形式から理解不能な形式に変換することで、セキュリティーで保護されていない、または公衆 / ...共有のチャネルを経由する際の通信の機密性を確保します。暗号化では、データの未承認の使用や変更を防止することで、権限のない第三者からデータを保護します。暗号化は従来、実行が複雑でコストがかかる点が課題となっていました。

一般的には、暗号化システムでは数学的またはアルゴリズム的プロセスを使用して、読み取り可能な平文をコード化された「暗号文」に変換し、その暗号文を平文に再度変換します。暗号化 / 復号プロセスで使用されるアルゴリズムはサイファー (Cipher) と呼ばれ、 暗号化 / 複合の処理は通常、1 つの鍵または複数の鍵のセットで制御されます。機密性、完全性、信頼性、パフォーマンスなど、さまざまな暗号化規格の多数の要素により、エンドユーザーにとっての利点が決まります。

ホワイトペーパー「インテル® AES-NI を使用した企業のセキュリティー保護」の全文を読む

関連ビデオ