子供のためのインターネット・セーフティーのリソースとヒント

これらのリソースは、個人情報をなりすまし犯罪から保護し、ネット上のいじめを回避し、インターネットを安全に閲覧する方法を子供に教えるのに役立ちます。

すべての年齢とステージに対応したオンライン・セーフティー教育

責任を持ってインターネットを利用するとはどういうことなのでしょうか?子供は、オンラインにアクセスできるようになるとすぐに、良い「サイバー市民」であることを学び始めることができます。このページでは、幼児、プレティーン、ティーンエイジャー向けのオンライン・セーフティーのプレゼンテーションや、大人向けの安全に関するヒントやアドバイスを紹介しています。1 2 3

オンライン・セーフティーのプレゼンテーションを探す

これらのシンプルで視覚的なプレゼンテーションは、子供向けに特別にデザインされました。それぞれのプレゼンテーションには、親、保護者や教育者が質問をしたり、メッセージを通して話をしたりする際に、子供を飽きさせないためのスクリプトが用意されています。プレゼンテーションの後、子供はクイズに答えて新しいスキルを試すことができます。

5〜8 歳

幼い子供は、インターネットとは何か、そしてインターネットで何ができるかを学びます。ネット上の見知らぬ人の危険性やいじめについて、立ち止まって考える方法を実践します。

プレゼンテーションのダウンロード (PDF)

親 / 保護者用スクリプト (PDF)

教師 / ボランティア用スクリプト (PDF)

クイズと回答

8〜13 歳

多くのプレティーンはすでにインターネットを使用しています。このプレゼンテーションでは、ウイルス、ポップアップ、また個人情報を共有すべきでない理由について学びます。

プレゼンテーションのダウンロード (PDF)

親 / 保護者用スクリプト (PDF)

教師 / ボランティア用スクリプト (PDF)

クイズと回答

13〜18 歳

ティーンエイジャーにとって、インターネットは日常の一部かもしれません。強力なパスワードの使用、フィッシング詐欺の認識、ソーシャルメディア・アカウントのプライバシー設定の調整方法などを学びます。

プレゼンテーションのダウンロード (PDF)

親 / 保護者用スクリプト (PDF)

教師 / ボランティア用スクリプト (PDF)

クイズと回答

修了証

お子様がプログラムを終了したことをほめ、家族全員を守るためにサイバー・セーフティーのスーパーパワーを使うよう勧めてください。

終了証の印刷 (PDF)

親や保護者のためのオンライン・セーフティーのヒントとアドバイス

親、保護者、あるいは教育者ですか?これらのヒントとリソースをご利用ください。子供がオンラインで何をしているのか、また子供を守るためにできることをご紹介します。

  • ゲームにはさまざまな形があります。これらのオンラインゲームのヒントで、お子様の安全を確保してください。4
  • お子様は好きな有名人のことを調べるためにネットで検索しますか?サイバー犯罪者はそれを知っています。マルウェアにつながる可能性のある有名人の検索をご覧ください。4
  • 米国では毎年 100 万人以上の子供が個人情報を盗まれていると推定されています。5気をつけるべきこと4、クレジットレポートの確認方法、お子様の個人情報が盗まれてしまった場合の対処法を紹介します。
  • 3 大個人信用調査機関のそれぞれでクレジットレポートを凍結すること4で、子供を守ります。利用は無料で、お子様の情報を悪意のある人々から守るのに役立ちます。
  • お子様のスマートフォンやアプリケーションのプライバシー設定の調整4は、時間をかけて行ってください。
  • YouTube は、子供が使用する最も人気のあるサイトの 1 つです。お子様の YouTube 設定はどのくらい安全ですか4
  • お子様は、フィッシング・メールを回避する方法を知っていますか?この無料フィッシングテスト4は興味深く、驚くべきものです。
  • お子様が楽しみながら学べるオンライン・セーフティー・ゲーム4のリストをご覧ください。

他のヒントやリソースをお持ちですか?ぜひご連絡ください

関連資料

ステイ・セーフ・オンライン

National CyberSecurity Alliance は、オンラインで自分自身と家族を守るために役立つアドバイスやリソースを提供しています。

「ステイ・セーフ・オンライン」にアクセスする

インターネット・マターズ

専門家によるサポート、実践的なヒント、年齢別のチェックリストなど、家族のためのオンライン・セーフティー・リソースをご覧になれます。

「インターネット・マターズ」にアクセスする

コネクト・セーフリー

ソーシャルメディア、ネット上のいじめ、メディアリテラシー、オンライン・ショッピングなど、さまざまなトピックに関するクイックガイドをご覧ください。

クイックガイドを見る

免責事項

1

インテル® テクノロジーを使用するには、対応するハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。

2

絶対的なセキュリティーを提供できる製品やコンポーネントはありません。

3

コストと結果は状況によって変わります。

4

インテルは、第三者のウェブコンテンツについては責任を負いかねます。

5

Javelin Strategy & Research 「2018 Child Identity Fraud Study」 (2018年4月): javelinstrategy.com/coverage-area/2018-child-identity-fraud-study