ネットワークを未来に備える

ネットワーク・エッジを今すぐ構築して、新しいエッジ・アプリケーションに求められる機能を提供しましょう。

ネットワーク・エッジの主なポイント

  • ネットワーク・エッジにおける物理的またはソフトウェア・ベースのインフラストラクチャーを通じて、コンピューティングをデータ作成またはサービス提供地点の近くに移動することにより、システム・パフォーマンスを最適化し、実用可能な洞察をほぼリアルタイムで提供できるようになります。

  • コミュニケーションにおいて新しい未来のユースケース向け機能を提供するには、今がエッジでネットワーク・インフラストラクチャーを構築するときです。

  • インテルは、ネットワーク・エッジ・インフラストラクチャー向けシリコン、ソフトウェア、およびツールのすべてを提供し、コスト、パフォーマンス、市場投入までの時間に関するニーズに対応します。

BUILT IN - ARTICLE INTRO SECOND COMPONENT

組織には、メディアのストリーミングから産業ロボット、インテリジェントなトラフィック管理まで、新しく進化し続けるユースケースの高まる要求に対応し、最高品質のサービスを提供するため、俊敏でスケーラブルなネットワークが必要です。コンピューティングをデータが作成、消費される場所により近いネットワーク・エッジまで広げることで、収益化の機会と運用コストの節約に必要なスピードと実用可能な洞察を提供します。

俊敏なネットワーク・エッジの価値

サービス・プロバイダーは、競争力の高い差別化されたサービスを提供し、今日のデータ集約型でレイテンシーに敏感なアプリケーションの性能要求に応え、未来の革新的サービスを提供するため進化し続ける標準に迅速に適応するという非常に困難な課題に直面しています。

クラウド・コンピューティングおよびデータ・ストレージの統合モデル、あるいは機能が固定されている物理的なインフラストラクチャーに主に依存する既存のネットワークには、既存のユースケースに求められるほぼリアルタイムの応答性を経済的に提供するという課題に取り組まなければなりません。さらに、急速に増加しているセンサーやデバイス、データ量をサポートするために必要なスケーラビリティーという課題があります。これらのセンサーやは2022年には500 億に 1、また近い将来 2025年にはデータ量が 175 ゼタバイトに達すると推定されています2 3

資本投資と運用コストを制御しながら顧客の期待に応えるためには、ネットワーク・インフラストラクチャーを俊敏、スケーラブル、インテリジェントなものに変革する必要があります。レイテンシーの低減、スループットの向上、信頼性の増大を提供し、ネットワークにおけるすべてのデータポイントの資本化を実現し、新しい収益源をもたらす機会と洞察を得るためには、さまざまなシステム要求を満たすようネットワーク・インフラストラクチャーを調整する必要があります。

この最新のインフラストラクチャーでは、サービス提供ポイントまたはデータ作成および消費元でのデータ計算、データ分析、データストレージのためのエッジ・コンピューティングのパワーと、利益を最大化する最適なワークロード配置に向けて共有物理資源で実行するクラウド対応ソフトウェア・インフラストラクチャーとを組み合わせることが重要です。

ネットワーク・エッジにおけるコンピューティングの利点

ネットワーク・エッジにコンピューティングを配置することにより、ワークロードの配置をインテリジェントに管理し、次のようないくつかの重要な運用上の利点を提供することができます。

  • 高速化と低レイテンシー化。データ処理および分析をエッジに移動することでシステム反応の高速化を助け、ほぼリアルタイムのアプリケーションに欠かせない、より速いトランザクションとより良い経験を実現します。
  • ネットワーク・トラフィック管理の改善 ネットワークを通じてクラウドに送られるデータ量を最小化することで、大容量データを送信、格納する帯域幅とコストを抑えることができます。
  • 信頼性の向上。ネットワークが 1 回に送信できるデータ量は限られています。インターネット接続性が標準を下回る場所では、クラウド接続が混乱した場合にエッジでデータを格納、処理できることにより、信頼性が向上します。
  • セキュリティー機能の強化。エッジ・コンピューティング・ソリューションを適切に導入し、インターネットを通じたデータ送信を制限することで、データセキュリティーの強化に役立つ可能性があります。例えばヘルスケアでは、個人データの格納や送信を制限する地域的な条件もあるかもしれません。
  • 俊敏性とスケーラビリティー。 ネットワーク全体でコンピューティングを戦略的に分散できるため、企業はアプリケーションを最も価値の高い場所に確保し、リソースを最大限利用することができます。これにより、新しいサービスを簡単に供給し、ローカライズされた市場間でサービス提供を移行し、新しいデータセンターを開く必要なく手軽に容量を拡大するなど、幅広い機会が提供されます。

ネットワーク・エッジに関する考慮事項

ネットワーク・エッジは、ネットワーク内のネットワーク・コアのすぐ外側に位置し、地域のデータセンター、次世代セントラルオフィス (NGCO)、固定の有線アクセスポイント、ワイヤレス・アクセス・ベース・ステーション、および無線アクセス・ネットワーク (RAN) などの場所を統合します。また、ソフトウェアによって定義される広域ネットワーク (SD-WAN) やエンタープライズ・アプリケーションなど複数のワークロードを単一のエッジ・コンピューティング・デバイスに収めるなど、ユニバーサルな顧客構内設備 (vCPE) デバイスのようなオンプレミスの場所も含めることが可能です。

ネットワーク・エッジの変革は、システムの最適化であり、トラフィック管理の制御の向上であり、価値に応じてデータパケット・レベルでデータの処理および送信方法と場所を制御することができるようになります。

サービス・プロバイダーは、既にソフトウェアデファインド・ネットワーキング (SDN) とネットワーク機能仮想化 (NFV) を導入しており、ネットワークの柔軟性を実現していますが、このアプローチは更に広げることができます。クラウドのような管理方法を採用し、ソフトウェアに定義されるエッジを導入することで、運用の俊敏性とリソースの効率性を実現できます。

地域の固定および携帯ネットワーク機能を新しいセントラルオフィスに組み合わせ、プライベート・ワイヤレス・ネットワークを導入する、またはマルチクラウド・エンタープライズ vCPE ソリューションを確保することで、厳格なエッジサービスをクラウドネイティブで提供するためのパフォーマンスと俊敏性の絶妙なバランスをとることができます。

お客様の事例

サービス・プロバイダーと産業は、ネットワーク・エッジ導入のためのインテル® テクノロジーと専門知識を活用しています。インテルは、エッジで商用ソリューションを高速化するために、製品、エコシステム、専門知識を組み合わせることができます。

例えば、Verizon はインテル、Samsung、Wind River と提携して世界初の完全に仮想化されたエンドツーエンドの 5G データセッションを商用ネットワークに導入し、仮想化 RAN テクノロジーへの準備を整えました。

またインテルは、Lumen (旧 CenturyLink) が高性能と高電力効率の両方を提供するネットワークの開発を助けました。インテルと緊密に協力し、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリーを使用することで、Lumen は電力フットプリントの制約内でパフォーマンスのカスタマイズを行い、サービス提供の柔軟性を実現することができました。

エッジにおけるネットワーク向けインテル® ソリューション

インテルは、ネットワーク・エッジ・インフラストラクチャー向けシリコン、ソフトウェア、およびツールのすべてを提供し、コスト、パフォーマンス、市場投入までの時間に関するニーズに対応できます。

  • エッジ・サービス・イノベーションを提供しながら、長期的なコスト削減を推進できます。RAN、エンタープライズ・オンプレミス・エッジ、セントラルオフィス、地域データセンター全体で、俊敏で高性能なエッジ・ネットワークを作成できます。ストラクチャード ASIC であるインテル® eASIC™ デバイスや完全にプログラム可能なインテル® FPGA SmartNIC プラットフォームなど、幅広いネットワーク内の ASIIC および SmartNIC アクセラレーターにより、既製品とネットワークに最適化されたCPU をブレンドできます。最も要求の厳しいビジュアル、AI、20 サブミリ秒のレイテンシー・サービスを実現する、低消費電力、幅広い温度範囲、長い製品寿命のハイパーコンバージド・エンクロージャーで、あらゆる場所をソフトウェアに定義されたマイクロ・データセンターに変換できます。ソリューションの探求。
  • 手頃な価格で革新的な高性能ネットワーク。 インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプターのラインアップに採用されている Precision Time Protocol などの新規テクノロジーにより、既存のハードウェア・アプライアンス・ベースのアプローチに比べて低い TCO で、イーサネットとエッジ・プラットフォームに信号を送るIEEE 1588 PTP 同期の精度を向上できます。インテル® Tofino™ プログラマブル・スイッチは、CDN サービスをオフロードし、ネットワーク・スライシングを支援します。ベース・ステーションにおけるエッジネイティブの 100G シリコン・フォトニクス・トランシーバーは、要求の厳しいビジュアルおよび AI サービス向けに簡単に拡張することができます。
  • 認定ベンダーとソリューションという成熟したエコシステムで市場投入を加速化します。 インテル® ネットワーク・ビルダーにより、最適化されたワークロード、ソフトウェア・プラットフォーム、およびネットワーク・エッジ要求向けに増加しているユースケースを 400 以上のメンバーが提供できるようになります。これらのソリューションは、コンテナ化されたネットワーク機能の導入への障壁を低減します。また、ネットワーク向けインテル® Select ソリューションは、仮想ネットワークの強化をサポートする検証済みで信頼性の高いインフラストラクチャー構成向けに、より高速で効率的な導入パスを提供します。
  • 厳格なネットワーク・セキュリティーのイノベーションがエッジでの新しい脅威を抑えます。 ネットワーク・セキュリティー向けに設計されたテクノロジーは進化し続けています。インテル® プラットフォーム・ファームウェア・レジリエンス (インテル® PFR) 採用 FPGA と、プラットフォーム・レジリエンス機能を搭載したインテル® イーサネット・ネットワーク・アダプターは、BIOS とファームウェアの画像保護を大きく向上します。新しいインテル® ソフトウェア・ガード・エクステンションズ (インテル® SGX) 機能は、転送中データと保存データだけでなく、使用中データの安全確保も助けます。
  • すべてのネットワーク制御ポイントにアクセスするためのオープン・ソフトウェア。 オープン・ネットワーク・エッジ・サービス・ソフトウェア (OpenNESS) は、あらゆるタイプのネットワーク全体でクラウドのような俊敏性を備え、アプリケーションやネットワーク機能をオンボード、管理する高度に最適化された高性能のエッジ・プラットフォームを可能にするオープンソースの MEC ツールキットです。また、コンバージド・エッジ・リファレンス・アーキテクチャー (CERA)は、市場投入時間を短縮し、容易に導入可能な垂直型サービス・プラットフォームを提供します。またインテルは、多くのオープン標準団体に対する主要なコントリビューターでもあり、ネットワーキングを推進するために業界全体に渡る標準化を進めています。

インテルがネットワーク・エッジを強化

優れた顧客経験と革新的なサービスを提供するための既存ネットワークに対する前例のない要求により、より俊敏でスケーラブルなネットワーク・インフラストラクチャーへの移行が必要とされています。インテルは、コスト、パフォーマンス、市場投入への時間に関するニーズに対応するソリューションを設計、導入するための迅速で効果的な方法を提供します。

ネットワーク・エッジのトピックをもっと探求

インテル® テクノロジーが真のネットワーク最適化を可能とし、ネットワークの変革をコミュニケーション・サービス・プロバイダー (CoSP) 向けに実現する方法を詳しく紹介します。

データセンターにおけるネットワーク・コネクティビティー

インテルのコネクティビティー・ソリューションが、差別化されたサービスの提供を加速し、絶えず変化する顧客からの要求に対応できる柔軟性を提供する方法について詳しく紹介します。

インテルの 5G

5G の未来について、またクラウドからネットワークまで、インテル® 5G ソリューションがデータセンターのパワーとインテリジェンスを伝える方法について詳しく紹介します。

MEC 向けインテル® ソリューション

この動画で、インテリジェント・エッジ、エッジ・スペースにおけるソリューション、および MEC 向けインテル® テクノロジーについて詳しく紹介します。

OpenNESS

OpenNESS、アクセス・トレーニングのリソース、ソースコード、およびドキュメントについて詳しく紹介します。また、最新の OpenNESS ニュースとソフトウェアのリリースを確認してください。

よくある質問 (FAQ)

よくある質問

ネットワーク・エッジは、ネットワーク内のネットワーク・コアのすぐ外側に位置し、地域のデータセンター、次世代セントラルオフィス (NGCO)、固定の有線アクセスポイント、ワイヤレス・アクセス・ベース・ステーション、および無線アクセス・ネットワーク (RAN) などの場所を統合します。

エッジ・コンピューティングとは、データ処理、分析、格納を、データが生成されるネットワーク内のより近い場所で行うことを指します。これにより、迅速でほぼリアルタイムの解析と応答、データ収益化の可能性の創造、新しいサービスの提供、運用にかかる時間と資金の節約を実現します。

エッジ・コンピューティングと最新のネットワーク・インフラストラクチャーを組み合わせるにより、ネットワーク・エッジでデータセンター・グレードのネットワーク、コンピューティング、データストレージのリソースの配置をデータ作成と消費ポイントに近い場所で提供できます。これにより、ネットワークのあらゆるポイントでデータの資本化の機会を創り出し、データについてソースでより速く動作する機会を生み出し、それにより高性能、運用コストの節約、新しい収益源へのアクセスを実現します。

5G は、モバイル・ネットワークに前例のない低レイテンシーと高帯域幅を実現すると期待されています。5G とエッジ・コンピューティングはそれぞれ単独で使用できますが、両方を組み合わせるとさらに強力になり、レイテンシーを最小限に抑え、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。5G の使用により既存のアプリケーションとユースケースを高速化し、初めて新しいタイプのデータ集約型アプリケーションを実現できます。

5G は、モバイル・ネットワークに前例のない低レイテンシーと高帯域幅を実現すると期待されています。5G とエッジ・コンピューティングはそれぞれ単独で使用できますが、両方を組み合わせるとさらに強力になり、レイテンシーを最小限に抑え、アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。5G の使用により既存のアプリケーションとユースケースを高速化し、初めて新しいタイプのデータ集約型アプリケーションを実現できます。

免責事項

1

Juniper Research*、2018年6月、「IoT Connections to Grow 140% to Hit 50 Billion by 2022, as Edge Computing Accelerates ROI (エッジ・コンピューティングが ROI を加速させる中、IoT 接続は 2022年までに 140% 成長し 500億に達する見込み)」、 プレスリリース。

2

IDC*、2018年11月、「The Digitization of the World from Edge to Core (エッジからコアへの世界のデジタル化)」、David Reinsel、 John Gantz、John Rydning 著。

3

インテルは、サードパーティーのデータについて管理や監査を行っていません。正確さを評価するには、他のソースを参照する必要があります。