インテル® サーバー M50FCP ファミリー用 Windows* および Linux* 用 BIOS およびシステム・ファームウェア・アップデート・パッケージ (SFUP)

775999
11/2/2023

概要

このダウンロードには、Windows* および Linux* 用 インテル® サーバー・ボード M50FCP ファミリーのシステム・ファームウェア・アップデート・パッケージ (SFUP) が含まれています。

ご利用可能なダウンロード

  • サイズ : 63.3 MB
  • SHA1 : 3A467BB2A5E04261876AA16A7B6B4FFE651573C7

詳細

概要

この更新プログラム パッケージには、次の運用レベルのシステム ソフトウェア更新プログラムと更新プログラムのユーティリティが含まれています。

  • システム BIOS: SE5C741.86B.01.01.0005
  • ME ファームウェア: 06.00.04.0033
  • BMC ファームウェア: 1.81
  • FRU: 0.07
  • CPLD: v3p0
  • sysfwupdt.efi: バージョン 16.0.9

システム・アップデートを実行する前に、Readme および アップデート手順.txt を完全にお読みになることを強くお勧めします。

システム・ソフトウェア要件

文書化された要件を満たしていることが確認すれば、アップデートが正常に実行され、アップデートの完了後に最も信頼性の高いシステム機能が提供されます。

  • システム BIOS: 製品バージョン R01.01.0004 以降
  • BMC ファームウェア: 製品バージョン 1.53 以降
  • CPLD: 製品バージョン V2P8 以降

重要な注意事項

  • ファームウェアの更新にアウトオブバンドユーティリティ(Redfish APIやWebコンソールなど)を使用しているお客様は、最初のシステムリセットを行う前に、CPLD V3P0とBMC 1.81バージョンを一緒にインストールする必要があります。システムをリセットした後、FRU & BIOS コンポーネントをフラッシュできます。
    • 詳細については、R01.01.0005アウトオブバンド(OOB)FWコンポーネントアップデートインストールガイドを参照してください。
  • 既知の問題、回避策、詳細な要件の完全なリストについては、それぞれの「リリースノート」ファイルを参照してください。
  • ファームウェアチェックは適用されないため、システムとSFUPパッケージのバージョンが同じ場合でも更新がトリガーされます
  • アップデート処理中は、システムを中断したり、再起動したり、電源を切ったりしないでください。これを行うと、システムが動作しなくなる可能性があります。
  • システムにロードされたシステムソフトウェアをダウンレビジョンしようとしないでください。これを行うと、システムが動作しなくなる可能性があります。
  • このパッケージで提供されるすべての更新プログラムは、Windows および Linux オペレーティング環境のみを使用してインストールされます。
  • スクリプト ファイルは変更しないでください。記述されたスクリプトは、最も信頼性の高い更新エクスペリエンスを提供します。
  • アップデートのシナリオや sysfwupdt コマンドについては、sysfwupdt フォルダーにあるユーザーガイドを参照してください。
  • ITK ".cap" ファイルをカスタマイズする必要があります。カスタマイズしないと ".cap ファイル" の更新は失敗します。

サポートされている製品

  • インテル® サーバー・ボード M50FCP ファミリー

試作ハードウェアのサポート要件については、インテルにお問い合わせください。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。