インテル® Memory Latency Checker (インテル® MLC)

736633
7/1/2022

概要

インテル® Memory Latency Checker (インテル® MLC) は、メモリー・レイテンシーと白黒、およびシステムの負荷の増加に伴ってそれらがどのように変化するかを測定するために使用されるツールです。また、特定のコア セットからキャッシュまたはメモリまでの白黒と待機時間も測定できる、より詳細な調査のためのいくつかのオプションも提供します。

ご利用可能なダウンロード

  • Linux*, Microsoft Windows*
  • サイズ : 869.4 KB
  • SHA1 : 72EADFB2595217CB4C6BF71499CDC544210CBCEF

詳細

アプリケーションのパフォーマンスを決定する重要な要素は、アプリケーションがプロセッサーのキャッシュ階層およびメモリー・サブシステムからデータをフェッチするのに必要な時間です。Non-Uniform Memory Access (NUMA) が有効になっているマルチソケット・システムでは、ローカル・メモリー・レイテンシーとクロスソケット・メモリー・レイテンシーは大きく異なります。レイテンシーに加えて、帯域幅(b / w)もパフォーマンスを決定する上で大きな役割を果たします。そのため、これらのレイテンシーと白黒を測定することは、テスト対象のシステムのベースラインを確立し、パフォーマンスを分析するために重要です。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。