インテル® エンドポイント・マネジメント・アシスタント (インテル® EMA) API サンプルスクリプト

19693
1/23/2024

概要

インテル® EMA API を示す Powershell* および JavaScript* スクリプトのコレクション。

ご利用可能なダウンロード

  • Windows Server 2022 family*, Windows Server 2019 family*
  • サイズ : 118.8 KB
  • SHA1 : D0D603E52ADDB2D3E5FCE4EA68FB55221390FE95

詳細

この PowerShell および JavaScript ベースのスクリプトのコレクションでは、インテル EMA API を使用していくつかの管理タスクとエンドポイント管理タスクを実行する方法を示します。

デモンストレーションのタスクの例としては、ユーザーの追加、エンドポイントのハードウェア情報の取得、エンドポイントの電源状態の設定、エンドポイントでのインテル AMTのプロビジョニング解除、インテル EMAからのエンドポイントの削除などがあります。

詳細については、zip ファイルに含まれている readme ファイルを確認してください。

メインの インテル EMA ダウンロード パッケージには、追加の インテル EMA API JavaScript サンプルが多数含まれており、こちらから入手できます。

https://www.intel.com/content/www/us/en/download/19449/intel-endpoint-management-assistant-intel-ema.html

バージョン 1.1: デモンストレーション目的で新しい インテル EMA テナントを構成する新しい PowerShell スニペット。ファイル転送と WMI アクションを示す新しい JavaScript サンプル。

バージョン 1.1.1: ライセンスを更新し、インテル EMA 1.5.0 との互換性を確保しました。

バージョン 1.2: インテル EMA エージェントを含む Intune .intunewin パッケージを作成する新しい PowerShell スニペット。既存のリモート データベースを持つ単一サーバーインテル EMAインスタンスの復元を示す新しい PowerShell スニペット。

バージョン 1.3: 新しい PowerShell スニペットは、エンドポイントの詳細を CSV ファイルに取得します。API 認証方法をテストし、重複/古いエンドポイントの管理を停止するための新しい Javascript スタンドアロン サンプル。

バージョン 1.4: 新しい PowerShell サンプル スクリプトは、インテル EMA 1.8.0 で使用できる新しい AMT セットアップ採用 API を示しています。

バージョン 1.5: 新しいスニペットは、SMBIOS と WMI を使用して、ローカル システムに インテル AMT または インテル Standard Manageability があり、インテル EMA でプロビジョニングする準備ができているかどうかを判断する方法を示しています。

バージョン 1.6: 監査イベント API を示す新しい JavaScript スタンドアロン サンプル。新しい PowerShell サンプル スクリプトは、エンドポイントの拡張構成の詳細を取得する方法を示します。

バージョン 1.7: クライアント資格情報の生成に使用される API に対する インテル EMA 1.10 の変更をサポートするための更新。

バージョン 1.8: 並列 API 呼び出し、エンドポイント・エージェントのトラブルシューティング、CIRA 接続を示す新しいスニペット。プロビジョニング解除インテル® AMTスクリプト例と EMA サーバー復元スニペットの更新。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。