インテル® Memory and Storage Tool CLI (コマンドライン・インターフェイス)

19520
7/15/2022

概要

インテル® Memory and Storage Tool (インテル® MAS) は、Windows*、Linux*、ESXi* でサポートされている、インテル® Optane™ SSD およびインテル® Optane™メモリー・デバイス向けのドライブ管理 CLI ツールです。 注: インテルの NAND SSD 事業は SK Hynix 社により買収され、現在は Solidigm です™。 これらのデバイスの SSD 管理を継続するために、新しいツールが開発されました。詳細については、詳細な説明 を参照してください。

ご利用可能なダウンロード

  • Windows 8 family*, Windows 11 Family*, Windows Server 2008 R2 family*, Windows Server 2012 R2 family*, Windows Server 2012 family*, Windows Server 2022 family*, Windows* 8.1 ファミリー, Windows* 10 ファミリー, Windows Server 2016 family*, Windows Server 2019 family*
  • サイズ : 59.5 MB
  • SHA1 : 799F06330B350F0E22CBC0B2C93FB442058E3F08
  • Ubuntu 18.04 LTS*, Ubuntu 20.04 LTS*, CentOS 8.4 (2105)*, CentOS 8.3 (2011)*, Red Hat Enterprise Linux 8.3*, CentOS 8.1 (1911)*, CentOS 8 (2004)*, Ubuntu 16.04*, SUSE* Linux Enterprise Server* 15, Red Hat* Enterprise Linux* 8.1, Red Hat* Enterprise Linux* 8.2, SUSE Linux* Enterprise Server 12, Red Hat Enterprise Linux 8.4*, CentOS 8.2 (2004)*, Red Hat* Enterprise Linux* 8
  • サイズ : 95 MB
  • SHA1 : 108F3BA2C6D6087657E878841F3AB11239F46C6B

詳細

インテルの NAND SSD ビジネスは SK Hynix によって買収され、現在 Solidigm となっています™。詳細については、 サポートの変更 ページをご覧ください。これらのデバイスの管理を継続するには、 Solidigm™ Storage Tool を使用してください

インテル® Memory and Storage Tool (インテル® MAS) は、Windows*、Linux*、ESXi* でサポートされている、インテル® SSD およびインテル® Optane™ メモリー・デバイス用のドライブ管理ツールです。

メモ

  • インテル® Optane™・テクノロジー搭載 SSD および インテル® Optane™ メモリー製品でサポートされているファームウェアの更新および拡張機能
  • ESXi 署名済みのファイルは、後日ダウンロードするために追加される場合があります。
  • Windows* のダウンロードには、ツールの GUI および CLI バージョンが含まれています。

新機能

  • このリリースのすべての変更については、リリースノートを参照してください。

はじめ

メモ

Windows Server 2008* および Windows Server 2012* に含まれるボックス内の NVMe ドライバーでは、管理コマンドを NVMe ドライブに渡することはできません。そのため、インテル® Memory and Storage Toolが適切に機能するには、インテル® SSD NVMe ドライバーが必要です。 データセンター・インテル® SSD NVMe ドライバー または クライアント・インテル® SSD NVMe ドライバーにアクセスします。

インテル® Memory and Storage Toolを社内での企業用途に使用したい企業のお客様は、zip パッケージの SoftwareLicenseAgreement_Commercial Use.pdf を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

免責事項1

免責事項

1

インテルは、現在ドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードからの非包括的な言葉の削除に取り組んでいます。なお、常に遡及的な変更が可能とは限らず、古いドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードに非包括的な言葉が残っている可能性があります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。