インテル® Memory and Storage Tool CLI (コマンドライン・インターフェイス)

19520
8/20/2021

概要

インテル® Memory and Storage Tool (インテル® MAS) は、Windows*、Linux*、ESXi* でサポートされているインテル® SSD およびインテル® Optane™メモリーデバイス用のドライブ管理 CLI ツールです。

ご利用可能なダウンロード

おすすめ情報
  • Windows Server 2008 R2 family*, Windows Server 2012 R2 family*, Windows Server 2012 family*, Windows 8 family*, Windows* 8.1 ファミリー, Windows Server 2019 family*, Windows* 10 ファミリー, Windows Server 2016 family*
  • サイズ : 118.8 MB
  • SHA1 : AEDA4E5EECC3E8883086A88327A2E4316C3384BF
おすすめ情報
  • Ubuntu 20.04 LTS*, CentOS 8.1 (1911)*, SUSE* Linux Enterprise Server* 15, Red Hat* Enterprise Linux* 8.1, Red Hat* Enterprise Linux* 7.5, Red Hat* Enterprise Linux* 8.2, SUSE Linux* Enterprise Server 12, CentOS* 8 (1905), Red Hat* Enterprise Linux* 7.4, Red Hat* Enterprise Linux* 7.6, CentOS 8.2 (2004)*, Red Hat* Enterprise Linux* 8, CentOS* 7.2
  • サイズ : 485.2 MB
  • SHA1 : 66BAE0A5FE6BF0F31B2E32078FFEB0A948BE3AC2
おすすめ情報
  • VMware*
  • サイズ : 84.3 MB
  • SHA1 : DAC466E69DD05EE5C0764454567860D4079A2EB6

詳細

インテル® Memory and Storage Tool (インテル® MAS) は、Windows*、Linux*、ESXi* でサポートされているインテル® SSD および インテル® Optane™ メモリーデバイス用のドライブ管理ツールです。

メモ

  • ESXi 署名付きファイルは、後日ダウンロード用に追加される場合があります。
  • インテル® SSD以外の製品はサポートされていません。
  • Windows のダウンロードには、GUI と CLI バージョンのツールが含まれています。

このツールを使用して、PCIe*-/NVMe*- および SATA ベースのクライアントおよびデータセンターのインテル® SSDデバイスを管理し、最新のファームウェアにアップデートします。

新機能

このリリースの変更については、リリースノート を参照してください。

はじめ

  • Windows のバージョンには、GUI バージョンと組み合わせたインストーラーが含まれています。CLI の使用方法については、ユーザーガイドを参照してください。
  • インテル® SSD で利用可能な最新のファームウェアについては、 ファームウェアのバージョンを確認してください。
  • OEM からインテル® SSDを購入した場合、ファームウェアのバージョンが異なる場合があります。最新のファームウェア・リビジョンについては 、OEM の担当者 までお問い合わせください。
  • ファームウェアのアップデートや問題の発生に関するサポートが必要な場合は、 インテル・カスタマー・サポートにお問い合わせください。

メモ

Windows Server 2008 および Windows Server 2012* に同梱されているインボックス NVMe ドライバーでは、管理コマンドを NVMe ドライブに渡す権限がありません。そのため、インテル® Memory and Storage Toolが適切に機能するには、インテル® SSD NVMe ドライバーが必要です。インテル® SSD NVMe ドライバーにアクセスします。

インテル® Memory and Storage Toolを社内で使用したい法人のお客様は、zip パッケージの NSG_SoftwareLicenseAgreement_Commercial Use.pdf を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。