インテル® サーバー・ボード M10JNP2SB ファームウェア・アップデート・パッケージ

19519
6/30/2021

概要

2024年2月17日時点では、M10JNP ファミリーインテル® サーバー・ボード BIOS およびファームウェア・アップデート・パッケージに対する機能、セキュリティー、またはその他のアップデートは提供されません。 インテル® サーバー・ボード M10JNP ファミリーの BIOS およびファームウェア・アップデート・パッケージは、2024年3月29日以降ご利用いただけなくなります。すべてのバージョンは現状のまま提供されます。インテルでは、インテル® サーバー・ボード M10JNP ファミリーの BIOS およびファームウェアのユーザーには、できるだけ早く使用を中止することをお勧めします。 インテル® サーバー・ボード M10JNP2SBファームウェア更新プログラム パッケージを提供します。

ご利用可能なダウンロード

  • OS Independent
  • サイズ : 64.6 MB
  • SHA1 : C484965CA904876D7812F925BC3FA07E0874C62C

詳細

この更新プログラム パッケージには、次の運用レベルのファームウェア更新プログラムが含まれています。

ボード BIOS - 7.216
BMC ファームウェア - 8100.01.10

ファームウェア・アップデート・ツール

ヤフフラッシュ*
SocFlash* ユーティリティー

サポートされている製品

インテル® サーバー・ボード M10JNP2SB

注意事項

重要: インテルでは、インバンド方式 (OS から直接) を使用してベースボード管理コントローラー (BMC) FW のアップデートを実行すると、インテル® FW バージョン 1.03 以前からアップデートすると、アップデート・プロセスがハングして失敗することがあることを確認しました。BMC FW バージョン 1.06 以降ではこの問題は発生せず、BMC FW アップデートのインバンド方式を通常どおり使用できます。詳細については、intel.com のTA-1157をご覧ください。

重要: BMC フラッシュは、BMC ウェブコンソールの FW アップデートでのみ機能します。「BMC ウェブコンソールを使用してBMC をインストールする」セクションの手順に従ってください。

警告: これらの指示は、書かれているとおりに従うことが非常に重要です。適切な手順を使用してアップデートしないと、システムが損傷する可能性があります。

アドバイザリーノート

スクリプト ファイルは変更しないでください。記述されたスクリプトは、最も信頼性の高い更新エクスペリエンスを提供します。

これらの更新を実行するには、組み込み uEFI シェルでシステムを起動する必要があります。

ハードウェアとファームウェアの要件

ファームウェアスタックをこの更新プログラムパッケージに含まれるバージョンに更新するには、システムに現在ロードされているファームウェアスタックが次の条件を満たす必要があります。

  • BIOS と ME アップデート V7.215

重要: 適切なシステム・アップデートを行うには、まず BIOS アップデートをインストールしてから、BMC アップデートをインストールしてください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。