インテル® Aptio* V UEFIファームウェアインテグレーターツール

19504
12/1/2021

概要

インテル® Aptio* V UEFI ファームウェア インテグレータ ツールを提供®。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存, Windows 10, 64-bit*, Windows 11*
  • サイズ : 12.9 MB
  • SHA1 : 8E4033BCF208DEA4B13AA43DBA6E9FE889AA7BF8
  • OS 非依存, Windows 10, 64-bit*, Windows 11*
  • サイズ : 734.1 KB
  • SHA1 : EBD49B6F0E140F75ABF84C3A9F67177FCF757B82
  • OS 非依存, Windows 10, 64-bit*
  • サイズ : 685.8 KB
  • SHA1 : 6B2111465CFA77DCD8F2D20AF1C3E14E8B8B9966
  • OS 非依存, Windows 10, 64-bit*, Windows 11*
  • サイズ : 1.1 MB
  • SHA1 : 4FCF4991BBFA74702A57EFBFD5425FB321EAA475

詳細

目的

インテル® Aptio* V UEFI ファームウェア インテグレータ ツールは、インテグレーター (通常は製造またはエンタープライズ環境で作業) のプロセスを支援するように設計されています (通常は製造またはエンタープライズ環境で) のプロセスで、 OEM Windows* プロダクト キーインジェクション (OEM 3.0、 OA3) インテル ® NUC AptioV ベースの製品のロゴなどを変更します。

インテル® Aptio* V UEFI ファームウェア インテグレータ ツールのサポート:

  • ウィンドウ s 11*
  • ウィンドウズ® 10
  • リナックス*
  • EFIシェル

更新された内容

  • iDmiEdit - ウィンドウズ® 10 とウィンドウズ 11* ツール
  • iFlashV - ウィンドウズ® 10 とウィンドウズ 11*, EFI と Linux ツール
  • iSetup - ウィンドウズ® 10 およびウィンドウ* 11 ツール

利用可能なツール

iCHLogo - 起動時にインテルのロゴを変更できます。

iDmiEdit - ユーザーが SMBIOS 情報を変更できるようにします。

iFlashV - ユーザーが次の操作を実行できるようにするコマンド ライン ツール。

  • システム BIOS を更新します。
  • 起動時にイメージを更新します。
  • 特定の OEM ライセンス認証キーを挿入します。

iSetupCfg - ユーザーが EFI シェル、Linux、または Windows 10 および Windows 11 内から NVRAM 変数を更新できるようにするコマンド ライン ツール。できます:

  • 変数を直接 BIOS から抽出します。
  • テキストエディタを使用して設定を変更し、カスタム設定でBIOSを更新します。

注: インテル® Aptio* V UEFI ファームウェア インテグレータ ツールは、Aptio V ベースの製品でのみサポートされています。お客様のインテル® NUC が以下の製品リストに含まれていない場合は、インテル®インテグレーター・ツールキットまたはインテル® VCUSTをダウンロードして使用してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。