インテル® サーバー・システム S9200WK 製品ファミリーの BIOS およびファームウェア・アップデート (FSUP_BIOS/ME/BMC/FRU)

19457
2/19/2021

概要

インテル® サーバー・システム S9200WK 製品ファミリー向け BIOS およびファームウェア・アップデート・パッケージを提供します。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 20.1 MB
  • SHA1 : 3AA2C888ED228B754F984373123FDF5C8CB856E0

詳細

概要

このダウンロード・レコードには、インテル® One Boot Flash Update (インテル® OFU) ユーティリティーおよび Windows* 起動前実行環境向け インテル® サーバー・システム S9200WK 製品ファミリーの BIOS およびファームウェア・アップデート・パッケージが含まれています。

目的

このアップデート・パッケージには、以下の製品レベルのシステム・ファームウェアのアップデートが含まれています。

  • システム BIOS - 22010096
  • ME ファームウェア - 04.01.04.423.0
  • BMC ファームウェア - Purley_2.48.ce3e3bd2
    • 注: BMC 2.48.ce3e3bd2 以降では、パスワードの複雑さに関する新しいセキュリティー・ルールを実装しています。詳細については TA-1161 を参照してください。
  • FRUSDR - S9200WK_0.34_FRUSDR

ファームウェアのアップデートとトラブルシューティングのヒントを確認するには

ノート

BMC BMC v2.21 以降では、KCS ポリシー・コントロール・モードが BMC の「すべて拒否」として設定されている場合、BMC と FRUSDR は期待通りにアップグレード / ダウングレードできません。更新は Redfish または BMC の HTTP で引き続き実行できます。

ファームウェア・アップデートを開始する前のインストール手順、サポートされているハードウェア、新機能、バグフィックス、既知の問題の詳細については、リリースノートを参照してください。

BMC v1.89 から始まり、デフォルトでは BMC はストライプスイート 17 のみを有効にします。これを使用するには、ipmitool コマンドに「-C 17」を追加する必要があります。

BMC v2.21 から開始し、KCS コントロール・モードが制限され、すべてのモードが拒否された場合、BMC の FPGA の CPU および DIMM ページは、設定情報に関するブランクまたは最後の DC を表示します。

このアップデート・パッケージは 、インテル® One Boot Flash Update (インテル® OFU) v14.1 ビルド 14 以降を使用してインストールする必要があります。

P2A ASPEED ドライバーの問題を回避するには、次の P1 オペレーティング・システムのインストール・ガイドを参照してください。

  • RHEL73_InstallationGuide_Rev1.00
  • SLES12_InstallationGuide_Rev1.00
  • WinSrv16_InstallationGuide_Rev1.00

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。