インテル®コンバージド・セキュリティおよびマネジメント・エンジン (インテル® CSME) レガシー・システム用検出ツール

19451
9/4/2019

概要

インテル(R) SA-00086 の脆弱性を評価するツール®第 2 世代 - 第 6 世代コア プロセッサ (ME バージョン 6.x-10.x)

ご利用可能なダウンロード

  • Windows 7 family*, Windows* 8.1, Windows* 10
  • サイズ : 1.8 MB
  • SHA1 : 05A2956EE722E7AEC7E0D45C09839C0740BC3456
  • Linux*
  • サイズ : 789.4 KB
  • SHA1 : 25BCEA4C44C1F795C83353C16568BDA6067F430C

詳細

目的

レガシ システム用インテル CSME 検出ツールを使用すると、インテル・マネジメント・エンジン・ファームウェア・バージョン 6.x から 10.x を実行しているシステムが®、インテル・セキュリティー・アドバイザリーインテル-SA-000086 に記載されているエクスプロイトに対して脆弱であるかどうかを、ローカル・ユーザーまたは IT 管理者が判別できます。インテル®管理エンジンまたはコンバージド・セキュリティ・アンド・マネジメント・エンジンのバージョンをシステムで現在実行している場合に、これを使用して確認できます。

重要: このツールは、インテル® マネジメントエンジン 6.x-10.x (通常はインテル 2nd-5nd Gen Core プロセッサーを搭載したシステムに搭載されている) を実行しているシステムでのみ動作します。詳細については、以下を参照してください。システムに新しいプロセッサまたは ME バージョン 11.x 以降が搭載されている場合は、標準の インテル CSME 検出ツールを使用できます。

CSME_Detection_Tool_Legacy_Windows.zip: Windows* ユーザーの場合

このダウンロードには、ツールの 2 つのバージョンが含まれています。

    • 最初のバージョンは、デバイスのハードウェアとソフトウェアの詳細を検出し、リスク評価を提供するインタラクティブなGUIツールです。このバージョンは、システムのローカル評価に推奨されます。
    • ツールの 2 番目のバージョンは、Windows* レジストリまたは XML ファイルに検出情報を保存するコンソール実行可能ファイルです。このバージョンは、複数のマシン間で一括検出を実行して、ファームウェアの更新を対象とするシステムを見つける場合に、IT 管理者にとってより便利です。

CSME_Detection_Tool_Legacy_Linux.tar.gz: Linux* ユーザーの場合

    • Linux バージョンのツールは、テスト対象のシステムのリスク評価を表示するコマンド ライン実行可能ファイルです。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。