インテル® Converged Security and Management Engine Version Detection Tool (インテル® CSMEVDT)

19392
6/21/2022

概要

このダウンロード・レコードには、システムが最近のインテルのセキュリティー・アドバイザリーの影響を受けたかどうかを判断するツールが含まれています。

ご利用可能なダウンロード

  • Microsoft* Windows*
  • サイズ : 2.3 MB
  • SHA1 : 9F1521667899878455489924D52897E7FC06575F
  • Linux*
  • サイズ : 424.6 KB
  • SHA1 : 0FF944C7D9650E379A4C8DCC49FDE2EA7358A953

詳細

目的

インテル® Converged Security and Management Engine Version Detection Tool (インテル® CSMEVDT) は、最近のインテルのセキュリティー・アドバイザリーで説明されているセキュリティー脆弱性の検出を支援します。詳細については、以下を参照してください。ツールの使用に関する詳細な手順については、各ダウンロードに含まれているユーザーガイドを参照してください。

CSME_Version_Detection_Tool_Windows.zip: Windows* ユーザー向け

このダウンロードには、2 つのバージョンのツールが含まれています。

  • 最初のバージョンは、デバイスのハードウェアとソフトウェアの詳細を検出し、リスク評価を提供するインタラクティブな GUI ツールです。このバージョンは、システムのローカル評価に推奨されています。
  • 2 番目のバージョンのツールは、検出情報を Windows レジストリーおよび / または XML ファイルに保存するコンソール実行ファイルです。このバージョンは、複数のマシン間でバルク・ディスカバリを実行して、ファームウェア・アップデートの対象となるシステムを見つけたい IT 管理者にとってより便利です。

CSME_Version_Detection_Tool_Linux.tar.gz: Linux* ユーザー向け

ツールのバージョンは、テスト対象のシステムのリスク評価を表示するコマンドライン実行ファイルです。

関連トピック

免責事項1

免責事項

1

インテルは、現在ドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードからの非包括的な言葉の削除に取り組んでいます。なお、常に遡及的な変更が可能とは限らず、古いドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードに非包括的な言葉が残っている可能性があります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。