インテル® グラフィックス - ベータ版 Windows® 10 DCH ドライバー

19387
9/14/2021

概要

このダウンロードでは、Xe 専用、第 6 ~ 第 11 世代グラフィックス、Elkhart Lake・プラットフォーム用のインテル® グラフィックス・ベータ・ドライバーをインストールします。

ご利用可能なダウンロード

  • Windows 10* (20H2), Windows 10* (20H1), Windows 10* (RS5), Windows 10, 64-bit*, Windows 10* (19H2), Windows 10* (21H1), Windows 11*, Windows 11 Family*, Windows* 10, Windows 10* (19H1)
  • サイズ : 541.7 MB
  • SHA1 : 823873B0D3A17CCA7CC7216FC9F2898DC6999903
おすすめ情報
  • Windows 10* (20H2), Windows 10* (20H1), Windows 10* (RS5), Windows 10, 64-bit*, Windows 10* (19H2), Windows 10* (21H1), Windows 11*, Windows* 10, Windows 11 Family*, Windows 10* (19H1)
  • サイズ : 553.4 MB
  • SHA1 : 1A59867B52E88B27637835394027B9047A71C398

詳細

ベータ版のリリースは、リリースノートに記載されている変更を対象としたテストを行います。最も安定した体験を得るための修正と機能の完全な尺度を含む完全に検証済みの製品リリースをここに使用してください。

注: このインテル汎用グラフィックス・ドライバーをインストールすると、コンピューターの製造元 (OEM) がカスタマイズしたドライバーが上書きされます。OEM ドライバーは厳選されており、プラットフォーム固有の問題に対する機能とソリューションのカスタマイズが含まれています。汎用インテル® ドライバーは、OEM がまだプラットフォーム固有のニーズに対応するためにカスタマイズしていない可能性がある最新かつ最高の機能の強化とバグ修正をユーザーに提供します。ユーザーは OEM のウェブサイトで OEM バージョンの一致を確認できます。

引き続きドライバーのアップデートを妨げるエラーが発生していますか?理由とソリューションについては、こちら をご覧ください

インテルの汎用グラフィックス・ドライバーを使用して見つかったグラフィックスの問題は、インテルに直接報告する必要があります。企業のお客様は、常に OEM ドライバーを使用し、プラットフォームを購入し、サポートを通じて購入したベンダーを通じてすべての問題を報告する必要があります。

ハイライト:

  • 第 10 世代インテル® Core™ プロセッサーとインテル® Iris® Plus・グラフィックスがクラッシュする問題を Adobe Premier Pro が修正しました。

サポートされている OS のバージョン

OS リファレンス:

  • Microsoft Windows* 10-64 - 2018 年 10 月更新プログラム (1809)
  • Microsoft Windows* 10-64 - 2019年5月更新プログラム (1903)
  • Microsoft Windows* 10-64 - 2019 年 11 月更新プログラム (1909)
  • Microsoft Windows* 10-64 - 2020年5月更新プログラム (20H1)
  • Microsoft Windows* 10-64 - 2020年10月更新プログラム (20H2)
  • Microsoft Windows* 10-64 - 2021年5月更新プログラム (21H1)
  • Microsoft Windows* 11

プラットフォーム (OS サポート)

  • 第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名: Skylake) (1903-21H1)
  • 第 7 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名 Kaby Lake) (1903-21H1)
  • 第 8 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名 Kaby Lake-R、Coffee Lake、Whiskey Lake) (1903+)
  • 第 9 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名 Coffee Lake-R) (1903+)
  • 第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名 Comet Lake、Amber Lake、Ice Lake) (1903+)
  • 第 11 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー (開発コード名Tiger Lake、Rocket Lake、Tiger Lake-H) (1909+)
  • インテル® Hybrid Technology搭載インテル® Core™ プロセッサー (開発コード名 Lakefield) (1909+)
  • Intel® Atom®、Pentium® およびCeleron®・プロセッサー・ファミリー (開発コード名Apollo Lake、Elkhart Lake) (1809+)
  • インテル® Pentium® およびCeleron®・プロセッサー・ファミリー (開発コード名 Gemini Lake、Jasper Lake) (1809+、1903+)
  • インテル® Iris® Xe 専用グラフィックス・ファミリー (開発コード名 DG1) (1909+)

備考

  • 自己インストール形式 (。exe) は最も簡単なインストール方法であり、推奨される方法です。
  • 手動インストール・フォーマット (。zip) は、開発者および IT プロフェッショナルを対象としています。

インストール手順、サポートされているハードウェアなどについてはリリースノートを参照してください。

気に入りの PC ゲームの多くで推奨されるゲーム設定については、gameplay.intel.com をご覧ください。

インテル® softwareとドライバーについて

お使いのインテル®・コンポーネントのドライバーまたはソフトウェアは、コンピューターの製造元によって変更または交換されている可能性があります。機能やカスタマイズを失わないよう、ドライバーをインストールする前にコンピューターの製造元に問い合わせすることをお勧めします。

コンピューターの製造元のサポート Web サイトの一覧参照してください


このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。