インテル® イーサネット・ネットワーク・アダプター X550 シリーズ用不揮発性メモリー (NVM) アップデート・ユーティリティー

19358
11/9/2018

概要

このダウンロード・レコードには、インテル® イーサネット・コンバージド・ネットワーク・アダプター X550 シリーズ用の不揮発性メモリー (NVM) アップデート・ユーティリティーのバージョン 2.00 を更新するために必要なすべてのファイルが含まれています。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 50 MB
  • SHA1 : F2F58C6358C94B31DCB80F8E9DAE41EBD90FA0BD

詳細

概要

このパッケージには、システムのインテル® イーサネット・アダプター上で不揮発性メモリー (NVM) を更新するために必要なすべてのファイルが含まれています。NVM アップデート・ユーティリティー、構成ファイル、更新された NVM バイナリー、および必要なドライバー・ファイルが含まれています。

リリース 23.4 のバージョン 2.00 への NVM アップデートにはリカバリーモードが含まれます。

注: X550 (1.86 および 1.93) の以前の NVM バージョンは、23.4 SW リリースで使用できます。

インストールでは、通常のアップグレード・インストール手順を使用します。

  • 通常の NVM アップグレード (インテル® Ethernet NVM Update Tool) を使用して、新機能を有効にすることができます。
  • 再起動が必要です。以前にリリースされたバージョンからアップデートする場合、A/C 電源サイクルは不要です。インテルでは、NVM アップデート・ツールに付属する手順に従うのをお勧めします。
  • NVM をバージョン x.x にアップデートするとロールバック防止モードが有効になります。アップグレード後、以前の NVM バージョンへのダウングレードは不可能です。

注: リカバリー・モードの設計では、以前のバージョンの NVM へのロールバックが可能です。これは、リカバリーモード機能を追加すると、NVM の一部の領域の書き込み保護の定義が変更されたためです。以前のバージョンへのロールバックには、これらの書き込み保護領域へのアクセスが必要であるため、ロールバックは失敗します。

  • リカバリーモードは通常の動作には影響しません。
  • リカバリーモードを完全にサポートするには、リリース 23.4 以降で更新されたイーサネット NVM、ソフトウェア・ドライバー、ソフトウェア・ツールをすべて使用する必要があります。

制限事項と前提条件、UEFI 要件、スクリプトの使用方法など、詳細については readme ファイルを参照してください。

ファイルの内容

X550_NVMUpdatePackage_v2_00_Windows.exe

X550_NVMUpdatePackage_v2_00_ESX..gz

X550_NVMUpdatePackage_v2_00_FreeBSD..gz

X550_NVMUpdatePackage_v2_00_Linux.X550_NVMUpdatePackage_v2_00_Linux.gz

X550_NVMUpdatePackage_v2_00_EFI.zip

使用ガイド

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。