インテル®ビジュアルコンピュートアクセラレーター 2 VCA1585LMV AVC ベンチマークスクリプトパッケージ

19298
12/26/2018

概要

このテストでは、インテル® メディア サーバー スタジオと Web で利用可能なビデオ サンプルを使用して、最低 30 FPS を維持しながら、同時 AVC トランスコードの最大数を抽出します。(2.0)

ご利用可能なダウンロード

  • CentOS 7.4*
  • サイズ : 185.4 MB
  • SHA1 : 0DFDDF2FA1FCC5F61E28448AABA983B36E8A847D

詳細

目的

AVC ベンチマークは、サンプルのマルチトランスコードを各ノードで並行して実行し、30 fps で実行できる密度(ストリーム数)をテストする自動スクリプトです。ログフォルダにavc_benchmark_sorted_temp.txtとして保存された一時データを収集し、ユーザーがCPU温度を分析できるようにします。

インストールと使用の詳細な手順については、パッケージ内の「 VCA2 製品仕様」および「README ファイル」を参照してください。

手記

ベンチマークスクリプトは、CentOS 7.2以降でのみ検証されます。このベンチマークを実行するには、各ノードのオペレーティング システムにインテル® メディア サーバー スタジオがインストールされていることを確認する必要があります (PV3 または PV4 バージョン)。vainfo が各ノードのロケーション /usr/bin に存在することを確認してください。

以下のチェックサムを使用して、ダウンロード後にファイルの整合性を検証します。

MD5: 61f63efe0dfbbe9e5d858316ac10d64a

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。