インテル® 62X チップセットをベースとしたインテル® サーバー・ボードおよびシステム用のインテル® Virtual RAID on CPU (インテル® VROC) および インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー Enterprise (インテル® RSTe) Linux* ドライバー

19131
12/17/2018

概要

S2600WF / S2600BP / S2600ST ファミリー向けのインテル® VROCおよびインテル® RSTe Linux* ドライバーを提供します。

ご利用可能なダウンロード

  • Red Hat* Enterprise Linux* 7.5
  • サイズ : 19.8 MB
  • SHA1 : D1A5A72B95142CA7796E51112290F77E7EEDFBC6

詳細

目的
S2600WF / S2600BP / S2600ST ファミリー向けの以下のインテル® Virtual RAID on CPU (VROC) Red Hat Enterprise Linux* ドライバーをインストールします。

  • インテル VROC (VMD NVMe RAID) - インテル VMD・テクノロジーをサポートするインテル Xeon・スケーラブル・ファミリー・プラットフォーム上でエンタープライズ RAID ソリューションを提供します。
  • インテル VROC (SATA RAID) - RAID モード用に構成されたインテル® プラットフォーム・コントロール・ハブ (PCH) 上の SATA/sSATA に接続された SATA デバイス向けのエンタープライズ RAID ソリューションを提供します。以前はインテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー・エンタープライズ (RSTe) として知られていました。

注: SuSE Linux Enterprise Server (SLES) は、インボックス・ドライバーでサポートされています。

パッケージ情報
ドライバーのバージョン = 6.0_2019.04.23
対応する Linux オペレーティング・システム

最新情報
新機能または修正された既知の問題およびインストール手順については、リリースノートを参照してください。

関連トピック
インテル® VROCと以前のインテル® RSTe: 名前変更の説明
インテル® サーバー・ボード S2600WF/ S2500BP / S2600ST ファミリーのインテル® RSTe名を変更
インテル® VROC・クイック・コンフィグレーション・ガイド

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

免責事項1

免責事項

1

インテルは、現在ドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードからの非包括的な言葉の削除に取り組んでいます。なお、常に遡及的な変更が可能とは限らず、古いドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードに非包括的な言葉が残っている可能性があります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。