インテル® Server Debug and Provisioning Tool (インテル® SDP Tool)

19092
1/24/2021

概要

インテルインテル® Server Debug and Provisioning Tool (インテル® SDP Tool) は、BMC のアウトオブバンドを通じて® サーバーボードおよびシステムのデバッグおよびプロビジョニングに使用されます。(1.4 ビルド 3))

ご利用可能なダウンロード

  • Ubuntu 20.04 LTS*, SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3*, Red Hat Enterprise Linux 7.6*, Red Hat Enterprise Linux 7.3*, CentOS 7.3*, SUSE Linux Enterprise Server 15*, Red Hat Enterprise Linux 8.1*, Red Hat Enterprise Linux 8.2*, Red Hat Enterprise Linux 7.5*
  • サイズ : 81 MB
  • SHA1 : DA13BE23E41AA03FEE05E51B14FA75987D22A744

詳細

導入

インテルインテル® Server Debug and Provisioning Tool (Intel® SDPTool) は、BMC アウトオブバンドを通じてインテル® サーバーのデバッグおよびプロビジョニングに使用されます。

対応するインテル®プラットフォーム

  • インテル® Server Board S2600 シリーズ (インテル® Xeon® プロセッサー E5-2600 v3/v4 製品ファミリー)
  • インテル® Server Board (インテル® Xeon®・プロセッサー・ファミリー)
  • インテル® Server Board (第 2 世代 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー・ファミリー)
  • インテル® Server Board (インテル® Xeon® Platinum 9200 プロセッサー・ファミリー)
対応オペレーティング・システム
  • Red Hat* Enterprise Linux* 8.1、8.2、7.3、7.5 および 7.6。全 64 ビット・ディストリビューション。
  • SuSE* Linux* Enterprise Server 15 および 12 サービスパック 3。全 64 ビット・ディストリビューション。b
  • CentOS* 8.2、7.3 および 7.5。全 64 ビット・ディストリビューション。b
  • Ubuntu* 16.04 LTS、Ubuntu 18.04 LTS、Ubuntu 20.04 LTS。
前提 条件
  • Python* 2.7.5 および Python 3.x
  • Ipmitool* 1.8.18
  • cURL* 7.29.0
  • Openウィンドウの 1.0.0x 以上
  • 上記 Wget* 1.16
  • Python- リクエスト
  • Java OpenJDK/Oracle* バージョン 1.7 以上、64 ビット
  • Iced大使-web
  • OpenIPMI ドライバー
  • python defused7 モジュール
    - 現在、PYTHON 2.6.9 で

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。