インテル® RAID Module RMSP3CD080F、RMSP3HD080E およびインテル® RAID Adapter RSP3TD160F、RSP3MD088F、RSP3DD080F、RSP3WD080E 用ファームウェア・パッケージ

19043
3/30/2020

概要

このレコードは、Trimode RAID ファームウェア・パッケージ・バージョン 50.8.0-2857 - MR7.8p1 を提供します。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 18.8 MB
  • SHA1 : 1C688FEA7220CED970AEFD1D3ED87B68FA803BCB

詳細

目的

このダウンロードは、MR ソフトウェア・スタック (RMSP3CD080F、RMSP3HD080E、RSP3TD160F、RSP3MD088F、RSP3DD080F、RSP3WD080E) を使用するインテル® 34xx/35xx RAID コントローラーをサポートしています。

パッケージ情報

ファームウェア・パッケージ: 50.8.0-2857 (MR 7.8p1)
ファームウェア 5.080.00-2758

重要事項

ファームウェアのアップグレード後には工場出荷時のデフォルト設定を読み込みますが、これは既存のアレイのデータには影響しません。

これを行うには:

  1. システムを再起動し、インテル® RAID BIOS コンソールにログインします。
  2. コントローラーを選択し、[アダプターのプロパティ-次へ] >選択します。
  3. [工場出荷時のデフォルト設定] の設定を[はい] に設定して変更を送信します。
  4. システムを再起動します (デフォルトの設定が適用されます)。
  5. インテル® RAID ウェブ・コンソール 3 で希望の設定に再構成します。

注: システムで SAS/SATA エキスパンダー RES3FV288、RES3TV360、または JBOD2312S3SP を使用している場合。

続行する前に、以下を更新してください。

  • FW を B057 リビジョン (またはそれ以降) に拡張
  • RES3FV288 エキスパンダー CPLD から EE リビジョン (またはそれ以降)
  • RES3TV360 Expander CPLD to AA リビジョン (またはそれ以降)

エキスパンダー FW と CPLD は こちら で確認できます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。