リモート・ディスプレイ SDK

18855
5/31/2018

概要

リモート処理 SDK バージョン 2.0.1 (R2 2018) は、リモート・グラフィックス機能セットへの使いやすいインターフェイスを備えたリモートプロトコルと VMM ISV を提供する API のスイートです。

ご利用可能なダウンロード

  • Windows 10, 64-bit*
  • サイズ : 1 MB
  • SHA1 : 890D7D15404A978F6CC123A9718C7EDFB3994CB5

詳細

概要

リモート処理 SDK は、インテル® Iris® Pro グラフィックス搭載インテル® Xeon®プロセッサー E3 v5 ファミリー上の仮想ディスプレイの低レイテンシー・キャプチャー、圧縮、解凍、および構成のための API インターフェイスを提供します。

CPU 負荷の高いエンコーディングを インテル Iris Pro Hardware エンコーダーにオフロードすることでユーザー体験を向上させ、よりスムーズなビデオ再生、Windows 7*、8*、Windows® 10 で実行するデスクトップ・アプリケーションのキャプチャーと圧縮を実現します。

インテル Iris Pro グラフィックス搭載 VDI デスクトップは、高解像度マルチモニター仮想デスクトップを活用し、サーバーのスケーラビリティーとユーザー密度を向上させます。

このダウンロードについて

  • Remoting SDK 2018 R2 - このリリースには、デスクトップ・キャプチャーの実装の改善とエンコーディングの新機能が含まれています。
    • 関心のある地域 (ROI)
    • テクスチャー・エンコーディング
    • インストーラーの修正

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。