インテル® Integrator Toolkit

18786
1/22/2020

概要

インテル® Integrator Toolkitは、インテル® NUC および他の製品の BIOS をインテル® Compute Stickします。

ご利用可能なダウンロード

  • OS Independent
  • サイズ : 847.3 KB
  • SHA1 : 8AC8A544E131DEBD091D89D5B0841DA9F23A8286

詳細

目的

このインテル® Integrator Toolkitは、インテル® NUC および他の製品の BIOS をカスタマイズしているインテグレーター向® UEFI コマンドライン・ユーティリティーインテル® Compute Stickされています。

ノート

機能が正常に動作しない場合は、BIOS が最新バージョンに更新されていることを確認してください。

ITK6.efiプログラムは、FAT32 形式の USB ドライブから実行する必要があります。ユーティリティー (インテル® NUC またはインテル® インテル COMPUTE STICK) を実行するシステムには、BIOS で Internal UEFI シェルオプションが有効になっている必要があります。

インテル® NUC で Internal UEFI シェルを有効にするには:

  1. 起動中 に [F2] キーを押し、BIOS 設定画面に入ります。
  2. Advanced -> Boot -> 構成 にアクセスします
  3. [Boot Devices] パネルで Internal UEFI Shell を有効にします
  4. 設定が 完了しましたら、F10 キーを 押して BIOS の設定を保存し、BIOS 画面を終了してください。

次の方法で内部 UEFI シェルを有効インテル Compute Stick:

  1. 起動中 に [F2] キーを押し、BIOS 設定画面に入ります。
  2. Configuration に アクセスします
  3. Internal UEFI Shell を有効にします
  4. 設定が 完了しましたら、F10 キーを 押して BIOS の設定を保存し、BIOS 画面を終了してください。

インテル® Integrator Toolkitは Visual BIOS ベースの製品でのみサポートされています。お使® NUC が以下の製品リストに含まれていない場合は、インテル® AptioV インテグレーター・ツールをダウンロードして使用してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。