ユーザー向け BIOS インテル® Compute Stick - CCSKLm5v

18682
5/6/2020

概要

このダウンロード・レコードには、STK2mv64CC の BIOS をインテル® Compute Stickオプションが含されています。

ご利用可能なダウンロード

  • OS Independent
  • サイズ : 13.9 MB
  • SHA1 : 86B2E09B8281D3FA27EBD3E0CBF23BF68356A12A
  • OS Independent
  • サイズ : 11.2 MB
  • SHA1 : 933AE9942D40D0E307582164A7A0AA067B572B42

詳細

目的

STK2mv64CC の BIOS アップデートインテル® Compute Stickオプションを見つけることができます。ダウンロードが必要なのは 1 つのみです。

Readme には、 上級ユーザー向け BIOS アップデート手順が含まれています。これらの BIOS アップデート手順の方法に関する詳細なステップバイステップ手順が必要な場合は、BIOS アップデート手順 を参照してください

どのファイルを選択しますか?

  • リカバリー BIOS アップデート [CCV0063.bio] - A。F7 BIOS アップデート手順または BIOS リカバリープロセスに使用する BIO ファイル。万一 BIOS アップデートが中断された場合、BIOS が使用不能な状態に置き去りになる可能性があります。リカバリー BIOS アップデートを使用して、この状態から回復します。USB フラッシュデバイスが必要です。
  • UEFI BIOS アップデート [CCSKLm5v.86A.0063.UEFI.zip] - EFI シェルから BIOS をアップデートできます。USB フラッシュデバイスが必要です。

メモ

  • BIOS アップデート・プロセスを開始する際に、画面にメッセージが表示されるのに最大 30 秒かかる場合があります。
  • アップデートが完了する前に、システムの電源を落とす必要があります。アップデートには最大 3 分かかる場合があります。
  • システムの BIOS はインテル® Compute Stickにカスタマイズインテル® Integrator Toolkit。
  • セキュリティーが強化されたので、BIOS 0053 より前の BIOS にはアクセスできない予定です。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。