インテル® QSFP+ Configuration Utility - ESX* - 最終リリース

18659
11/28/2017

概要

このダウンロード・レコードには、ESX* インテル® QSFP+ Configuration Utilityバージョン 2.30.23.0 が含まれています。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存, VMware*
  • サイズ : 4.4 MB
  • SHA1 : 8CBA1CB661B08775BF4C6B1BBFAE3FFB0DC2B430

詳細

概要

インテル® QSFP+ Configuration Utilityはコマンドライン・ユーティリティーです。
インストールされている QSFP+ モジュールのリンクタイプを変更できます。サポートされているタイプ
はアダプターの NVM 内で定義されています。このユーティリティーは、以下のデバイスのみを表示します。
QSFP+ リコンフィグレーションをサポートしている可能性があります。デバイス 1 台につき 1 つのポートのみが表示されます。
変更は個々のポートではなく、デバイス全体に影響を与えるからです。

注: 設定の変更を適用するには再起動が必要です。実行中のシステムで
Oracle* Solaris* 11 では、高速再起動ではなく、フル・リブートを実行する必要があります。


対応オペレーティング・システム

  • Microsoft Windows Server* 2008 R2 以降
  • Windows PE 3.0 以降
  • Linux* カーネル 2.6/3.x 以降
  • Red Hat* Enterprise Linux* 6.5 以降
  • SUSE* Linux Enterprise Server 10 SP4 以降
  • UEFI 2.1 以降
  • Oracle* Solaris* 11
  • VMWare ESXi* 5.5 以降
  • FreeBSD* 10.1 以降

ノート:

  • Linux、FreeBSD、Solaris、または ESXi を実行しているシステムでは、ベースドライバーを使用する必要があります。
    QCU が正しく機能するように存在しています。
  • Microsoft Windows* システムで、ツールの実行に必要なドライバーがインストールされていない場合
    システムに存在すると、QCU の実行時に自動的にインストールされます。
    が実行されます。


ユーティリティーの実行

[/] オプションを使用すると、サポートされているコマンドラインオプションのリストが表示されます。

注: ユーティリティーは root / 管理者権限で実行する必要があります。


オプション

インテル® QSFP+ Configuration Utilityは次のいずれかの方法で実行できます。
コマンドラインオプション。


ノート:

  • ダッシュの '-' 文字は、斜め '/' 文字の代わりに使用できます。
  • すべてのオプションで大文字と小文字が区別されます。

/HELP または /?
コマンドラインのヘルプを表示します。

/VERSION
ツールのバージョン情報を表示します。

/EXITCODES
Exit コードのヘルプが表示されます。

/DEVICES
システムにサポートされているデバイスを表示します。

注: ハードウェアがインストールされている場合、[モード] 列に値「N/A」が表示されます。
QSFP+ 構成をサポートしていますが、現在のファームウェアはサポートしていません。
以下の基本的な使用例を参照してください。

/NIC=XX
特定のアダプター (1 ~ 32) を選択します。

/INFO
サポートされている QSFP+ リンクモードを表示します。/NIC でのみ使用してください。

/SET [LINK MODE]
選択した QSFP+ リンクモードを設定します。/NIC でのみ使用してください。

注: 変更を有効にするには、プラットフォームをリセットする必要があります。


基本的な使用例

次の例は 、/DEVICES オプションに対するツールの出力を示しています。
/INFO オプション、および /SET オプション。

/DEVICES:
---------
QCU>QCQC64EEXE /DEVICES
NIC B:DVen-Dev モード・アダプター名
=== === ========= ===== ============================================
1) 01:00 8086-1584 4x10 インテル(R) イーサネット・コントローラー XL710 (40GbE QSFP+ 対応)
2) 04:00 8086-1583 N/A インテル(R) イーサネット・コントローラー XL710 (40GbE 対応) のバックプラン

/INFO:
------
>の>EXE /NIC=3 /INFO

vXX.XX.XX.XX のインテル® QSFP+ Configuration Utility
Intel Corporationによる2015年©著作権。
インテル® プロプライエティ・ライセンスでリリースされたソフトウェア。

アダプターは QSFP+ 構成の変更をサポートしています。
現在の構成: 1x40
サポートされている構成: 1x40、4x10

/SET:
-----
>の>EXE /NIC=3 /SET 4x10

vXX.XX.XX.XX のインテル® QSFP+ Configuration Utility
Intel Corporationによる2015年©著作権。
インテル® プロプライエティ・ライセンスでリリースされたソフトウェア。

QSFP+ 構成を変更しました。変更を行うためにプラットフォームをリセットしてください
効果。


終了コード

インテル® QSFP+ Configuration Utilityは、コマンドラインに終了コードを戻します。
これらの各コードの説明は、ツールで実行することで確認できます。
QCU /EXITCODES。

Microsoft Windows* にツールをインストールする

Windows でツールのドライバーをインストールするには、適切な方法で install.bat を実行します。
インストール・パッケージのディレクトリーを参照してください。

install.bat ではツールがインストールされていませんが、このツールのドライバー
requires はローカルコンピューターの Windows ドライバー・ディレクトリーにコピーされます。を実行するには、
ツールを使用して、Windows の [スタート] メニューから [コマンド プロンプト] ウィンドウを起動します。次に進む
ツールが配置され、ユーティリティーを実行するメディアとディレクトリー。読み取り
各ツールのファイルは、ツールと同じディレクトリーにあります。これらのツール
任意のディレクトリーのローカル・ハードドライブに手動でインストールできます。

このツールは独自のドライバーファイルを使用します (システム・ネットワーク・ドライバーと同じではありません)。
ドライバー・ディレクトリーにドライバー sys ファイルが既に存在している場合、install.bat
コピーに失敗しました。install.bat で /y スイッチを使用すると、上書きしてコピーします。
ドライバーファイルに関係なく。ただし、古いバージョンの PC を使用している場合、これは危険な可能性があります。
ドライバーがインテル® PROSetなどの別のアプリケーションで使用されている
Windows デバイス・マネージャードライバー・ディレクトリーに既にドライバーが存在している場合、
コマンドプロンプトからツールを実行してみてください。実行した場合、ドライバーは次の通りになります。
いい。存在するドライバーのバージョンが次のバージョンと一致しない場合、ツールは実行されません。
ドライバーのバージョンが予想されます。

注: %system%\system32\driver へのアクセスが必要です。
ディレクトリ。管理者アカウントのみがこれらの権限を持っています。次のことが必要です。
管理者としてログインするか、ツールを管理者として実行する必要があります。

注: Windows では、デバイス・マネージャーで無効になっているデバイスは、次の操作を行いません。
メモリーリソースがないため、ツールによるアクセスが可能です。エラーコードが表示される場合
0xC86A800E. この問題を解決するには、次のいずれかを実行します。

  1. デバイス・マネージャーでデバイスを再度有効にします。このデバイスを無効にしないでください。
    ツールを使用。
  2. デバイス用の NDIS デバイス ドライバーをインストールし、インストールされていることを確認します。
    デバイス・マネージャーで黄色または赤色の強打がない。
  3. デバイス・マネージャーからデバイスを削除し、システムを再起動します。インストール
    次に再起動すると、新しいハードウェア・ウィザードが表示されます。キャンセルしないでください。ちょうど
    ウィンドウを横に移動してツールを実行します。一般的に、[キャンセル] をクリックすることができます。
    ウィザードで Windows* がメモリーを無効にする場合があります。
    リソースが原因で同じ状態に戻ることができます。


Microsoft Windows Server* Nano Server にツールをインストールする方法

Nano Server を実行しているシステムにツールをインストールするには、Microsoft* を使用する必要があります。
Windows PowerShell* を使用して、ホストシステムからツールとドライバーファイルをコピーします。
Nano Server 以外のバージョンの Windows をターゲット・システムに実行している場合
Nano Server を実行しています。ツールとドライバーファイルは次から入手できます。
インストール・メディアを \TOOLS\Nanox64\SVTools フォルダーに保存します。

これはインストール手順です。

  1. ホスト・システムでインストール・メディアを開き、フォルダーをコピーします。
    \TOOLS\Nanox64\SVTools を Nano Server を実行しているターゲットシステムに送信します。
  2. 対象のシステムへの Windows PowerShell セッションを開きます。
  3. 上記の手順 1 でコピーしたファイルの場所に移動します。
  4. install.bat を実行します。


EFI へのツールのインストール

EFI ツールにはインストールは必要ありません。ツールは単にコピーできます。
を適切なディレクトリーから実行するドライブに移動します。The EFI2
バイナリーは、UEFI 2.3 HII プロトコルで UEFI Shell 2.X で使用するための形式です。
EFI2 ツールは EFI シェル 1.X で実行されません。または UEFI 2.3 HII プロトコルが
存在しません。

注: EFI は USB ドライブをサポートしていますが、ツールの実行に問題がある可能性があります。
USB ドライブから取り付けます。問題が生じるかどうかは BIOS に固有です。次の場合
問題が発生した場合は、代わりにハードディスクからツールを実行してください。


DOS へのツールのインストール

このツールはさまざまな DOS バージョンに対応しています。インストールは不要です。
DOS ツール。このツールは CD の DOS ディレクトリーから単にコピーして、
実行するドライブを選択します。このツールにはクリーンな機能が必要です。
ブート環境。このツールは、メモリー・マネージャーおよび / または DOS では実行されません。
ネットワーク・ドライバーが読み込まれます。ツールは、フルで無制限であることを期待しています。
ハードウェアの制御。EMM386 が存在する場合、ツールは正しく動作しません。
ツールは 32 ビット DOS で保護モードで実行されます。したがって、これらの
TSR プログラムと互換性があります。


Linux* へのツールのインストール

Linux* でこのツールを実行するには、ベースドライバーがインストールされている必要があります。
システムにインストールされます。


VMWare ESXi* にツールをインストールする

VMWare ESXi* でこのツールを実行するには、ベースドライバーがインストールされている必要があります。
システムにインストールされます。

注: ユーティリティーには 2 つのバージョンがあります。ESXi* 6.0 以降の場合は、qqf 64e を使用してください。以前のバージョンの ESXi では、qCu64e を使用してください。


FreeBSD* へのツールのインストール

FreeBSD でこのツールを実行するには、ベースドライバーをインストールする必要があります。
システムにインストールされます。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。