DevSleep の問題向けインテル® ソリッドステート・ドライブ・ファームウェア・アップデート・ツール

18405
9/25/2015

概要

このツールは、既知のドライブ検出の問題を防ぐために、選択した SSD モデルで DevSleep 機能を有効 / 無効を切り替えることを目的としています。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 1.4 MB
  • SHA1 : B1EE07F0488FD0A928F8B194B7D5B5045633BF65
  • OS 非依存
  • サイズ : 42 MB
  • SHA1 : 72406BB690B00BCDBA35B409393D045B1CC14899

詳細

コンポーネントに適したドライバーまたはソフトウェアかどうかわからない場合 インテル® ドライバー & サポート・アシスタント を実行して、ドライバーまたはソフトウェアのアップデートを自動的に検出します。

説明:

このツールは、Windows* 8/8.1/10/Server 2012 で既知のドライブ検出の問題を防ぐために、選択した SSD モデルで DevSleep 機能を有効 / 無効にすることを目的としています。

DevSleep 機能:

デバイススリープ (または DevSleep/DEVSLP) は、一部の SATA デバイスの最新機能で、低消費電力の「デバイススリープ」状態を可能にします。例えば、DevSleep モードにおけるインテル® ソリッドステート・ドライブ Pro 2500 シリーズ (2.5 インチ) の消費電力は、アイドル状態の 55mW に対してわずか 5mW です。

DevSleep 機能に関連するドライブ検出の問題:

一部のマザーボードでは、BIOS と OS が影響を受けるドライブ上でこの機能を有効にしていますが、マザーボードは SSD を復帰させる信号を送りません。

この問題の症状は次のとおりです。

  • Windows 8/8.1/10/Server 2012 インストールで SSD が消える
  • スリープから再開すると SSD が消える

この問題の根本原因は、マザーボードの BIOS の実装にあります。これを解決する最良の方法は、マザーボードを最新の BIOS にアップデートし、BIOS がこの問題を解決しているかどうかをマザーボードのベンダーに確認します。マザーボードの製造元から BIOS を修正していないお客様、またはマザーボードの製造元に連絡したくない場合、またはインテルからの修正を希望しない場合は、影響を受けるドライブで DevSleep 機能を無効にするこのツールを提供しています。

影響のあるドライブ:

  • インテル® ソリッドステート・ドライブ Pro 2500 シリーズ
  • インテル® ソリッドステート・ドライブ 530 シリーズ
  • インテル® ソリッドステート・ドライブ 535 シリーズ

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

免責事項1

免責事項

1

インテルは、現在ドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードからの非包括的な言葉の削除に取り組んでいます。なお、常に遡及的な変更が可能とは限らず、古いドキュメント、ユーザー・インターフェイス、コードに非包括的な言葉が残っている可能性があります。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。