Linux* の PCIe* 40 ギガビット・イーサネット・ネットワーク接続用インテル®・ネットワーク・アダプター・ドライバー

18026
10/3/2019

概要

このダウンロード・レコードには、710 シリーズ・デバイス用 i40e Linux* ベースドライバー・バージョン 2.10.19.30 が含まれています。

ご利用可能なダウンロード

  • Linux*
  • サイズ : 547.9 KB
  • SHA1 : 57D51004AA92131336BF4EBBAD8AED2517197B79

詳細

概要

このリリースのドライバーは、コントローラー・ベースのインテル® イーサネット・ネットワーク・コネクション用の 710 シリーズ・デバイスと互換性があります。

新機能

  • イングレス / ストレス・ミラーリングの問題を修正
  • ncpu > = 192 でサーバー上で VF の恍恍を修正
  • レポファリー・モードの検出を修正
  • ethtool を修正してリカバリーモードで SW と FW のバージョンを報告する
  • リカバリーモードでのリセットを修正
  • NIC がリカバリーモードになっているときに OROM が更新される問題を修正
  • リセット後に FEC モードフラグを修正
  • ミラーリングの seid の混在を修正
  • ドライバーの読み込み時に FWLLDP ステータスの読み込みを修正
  • VF MAC アドレスの負荷設定によるクラッシュを修正
  • HAVE_XDP_SUPPORTの定義時HW_PERFビルドを修正
  • PF ドライバーから VF RDMA コードを削除
  • RHEL8.1 のサポートを追加
  • X710-T*L カード ethtool --show-eee の読み取り EEE LPI 統計値を追加
  • 登録 RDMA クライアント・デバイスを仮想プラットフォーム・バスに追加
  • PF が All sata モードに入り、Allバランシング・モードを終了する際にログを追加する
  • i40e_print_link_message() で「スリコード」文字列が見落とされたログを追加
  • いくつかの小さなコンパイルの問題の修正

インストール手順、アダプターの識別方法、コマンドライン・パラメーター、追加機能、既知の問題については、 リリースノート を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。