インテル® Ethernet接続ブート・ユーティリティー、ブート前イメージ、EFI ドライバー

15755
1/23/2020

概要

このダウンロード・バージョン 25.0 は、UEFI ドライバー、インテル® Boot Agent、および インテル® iSCSI Remote Boot イメージをインストールして、PCI オプション ROM フラッシュイメージをプログラムし、フラッシュ構成オプションを更新します。

ご利用可能なダウンロード

  • OS Independent
  • サイズ : 10.2 MB
  • SHA1 : D28368F8033E8220500577EF320607F93C6CBB42
  • Linux*
  • サイズ : 6.8 MB
  • SHA1 : 02633D9E4AAFE218A676E2240F4FACC06AA5C05B

詳細

目的

このパッケージには、UEFI ドライバー、ドライバー、およびオペレーティング・イメージを含む、起動前の環境インテル® Boot Agentとインテル® Ethernet iSCSI Remote Bootが含まれています。

概要

インテル インテル® Ethernet Flash Firmware Utility (BootUtil) を使用して構成を更新し、対応するインテル® PCI および PCI-Express ベースのネットワーク・アダプターのフラッシュメモリ上の PCI オプション ROM をプログラムします。BootUtil は既存のユーティリティーを置き換え、古い UTIL、ISCSIUTL、LANUTIL、および FLAUTIL の機能を提供します。BootUtil は、以前のユーティリティーがサポートしているすべてのアダプターをサポートしています。

詳細 については bootutil.txt を参照してください。

何が新しいのですか?

最新の オペレーティング・システムのサポート 、ユーザーガイド、既知の問題などについては、readme の注意を参照してください。

どのファイルをダウンロードすれば良いですか?

  • プレブート。EXE: Windows*、EFI、DOS のドキュメント、ユーティリティー、ブートイメージ
  • Preboot.and.gz: Linux* 向けドキュメント、ユーティリティー、起動画像

インテル® ドライバーについて

お使いのインテル® コンポーネントのドライバーまたはソフトウェアが、コンピューターの製造元によって変更または置き換えられた可能性があります。ドライバーをインストールする前に、コンピューターの製造元に問い合わせください。そのため、機能やカスタマイズが失われるわけではありません。

製造元 のサポート・ウェブサイトの一覧を参照してください

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。