インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ユーザー・インターフェイスとドライバー

15667
7/2/2020

概要

インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバー (16.8.3.1003) は、インテル® Optane™メモリーによるシステム・アクセラレーションの構成と有効化、および RAID 0/1/5/10 のメンテナンスをサポートします。

ご利用可能なダウンロード

  • Windows 10, 64-bit*, Windows Server 2016 family*
  • サイズ : 20.9 MB
  • SHA1 : 16B67128B1610B45885974FB0DA9C68F2B4160A5
  • Windows 10, 64-bit*
  • サイズ : 71.5 MB
  • SHA1 : 557D218A1DDDBA28EC75D87657E055AD5FB4A74F
  • Windows 10, 64-bit*, Windows Server 2016 family*
  • サイズ : 3.7 MB
  • SHA1 : EF7FAE2C67B5586F951E33C97B2B37D0AC75D485
  • サイズ : 13.3 KB
  • SHA1 : BAAB81EE08EADEBA7B00EF6A49534CAB6EAA28F0

詳細

インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジーとインテル® Optane™ メモリーのアプリケーションは生産終了しました。詳細については、こちら をご覧ください

新しいプラットフォームのユーザーは 、こちら から最新のドライバーパッケージを入手できます。

注: エンドユーザーは、カスタマイズされていないドライバーの読み込みによる影響を排除するために、システムの製造元 / プロバイダーまたは Windows Update から提供されるドライバー・アップデートを使用することを推奨しています。システムメーカーは、特定のシステム設計のニーズを満たすために、インテルの汎用ドライバーを定期的にカスタマイズしています。このような場合、インテルの汎用ドライバー・アップデートの使用は推奨しません。

目的

インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー (インテル® RST) ドライバー 16.8.3.1003 は、以下を含む複数の機能の構成と有効化をサポートします。

  • インテル® Optane™メモリーによるシステム・アクセラレーション
  • RAID 0/1/5/10 の構成とメンテナンス

注: これらのアプリケーションをインストールする前、またはインテルにテクニカルサポートを依頼する前に、システムの製造元にお問い合わせください。お使いのシステム用に構成されたソフトウェアを提供している場合があります。

どのファイルを選択しますか?

  • SetupOptaneMemory.exe
    • インテル® Optane™メモリーモジュールによるシステム・アクセラレーションをサポートするように特別に設計および最適化
  • SetupRST.exe
    • RAID 0/1/5/10 ボリュームの管理などの高度な機能に加えて、インテル® Optane™メモリーによるシステム・アクセラレーションをサポートします。
  • f6flpy-x64.zip (64 ビット・オペレーティング・システム) / f6flpy-x86.zip (32 ビット・オペレーティング・システム):
    • Microsoft* Store からインテル® Optane™・メモリー・ストレージ・マネジメント・アプリケーションをインストールする前に、インストールに必要なスタンドアロンのインテル® RSTドライバー

ノート

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。