インテル®ネットワークアダプタ仮想ファンクションドライバ(インテル®用) 10 ギガビットイーサネットネットワーク接続 Linux *

15622
1/21/2019

概要

ixgbevf ドライバーバージョン 4.5.2 は、SR-IOV をサポートするカーネルでのみアクティブ化できる 82599、X540、および X552 ベースの Intel® 10 ギガビット イーサネット ネットワーク コネクション仮想機能デバイスをサポートします。

ご利用可能なダウンロード

  • Linux*
  • サイズ : 190.5 KB
  • SHA256 : 5B1D5B6B511B2D2C337B02D0F058FED8036CCBE5097460E60D367808D42BC304

詳細

概要

これは、Linux* 用の ixgbevf ドライバーの最新リリースです。
カーネルバージョン 2.6.18 から 4.20 までをサポートします。また、でテストされています
次のディストリビューション:

- レル* 6.10
- レル7.6
- SLES* 12SP4
- SLES 15
- ウブンツ* 18.04

このリリースでの変更点:
- 4.20カーネルバージョンのサポートを追加
- SLES 12SP4 のサポートを追加
- RHEL 7.6 のサポートを追加

手記: ドライバーのバージョン番号の同期を維持しようとしている間
同様の機能を持つLinuxカーネルの対応するもので、これは
権威とはほど遠いです。新しい kernel.org カーネルを使用している場合、または
ディストリビューション そのixgbevfドライバーは、少なくとも
ツリー外 (OOT) ドライバーがここにあります。

新機能

新機能、バグ修正、既知の問題、インストール手順、およびサポートされているハードウェアについては、 リリースノート を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。