インテル® イーサネット・アダプター・コンプリート・ドライバー・パック

15084
11/9/2018

概要

このダウンロードでは、サポートされているバージョンの Windows*、Linux*、および FreeBSD* のインテル ® イーサネット アダプター コンプリート ドライバー パックのバージョン 23.4 がインストールされます。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 511 MB
  • SHA1 : AA2ACEA9CBAA8866C1F6965109F43FAFB5C1E1F3

詳細

新機能

SW リリース 23.4 は、「受信側の結合」(RSC) 機能を備えた「ジャンボ パケット」機能を使用している Windows* オペレーティング システムで、特定のインテル イーサネット デバイス ドライバーを搭載したインテル ® イーサネット 700 シリーズ製品を使用する場合に発生する可能性のあるパケット データ ポインタの問題を解決します。

この問題は、リモート送信側からオン・ワイヤー (RX ポート) に入ってきたものと、OS/システム・スタックから受信側 (つまりアプリケーション) に転送されるデータの不一致につながる可能性があります。ほとんどのアプリケーションは、独自の追加形式のデータ整合性チェックを適用しますが、存在しない場合があり、データ整合性の問題にさらされる可能性があります。

手記: デフォルトでは、インテル Windows ドライバーでは「ジャンボ パケット」機能は無効 (オフ) になっています。

詳細については 、TA-234を参照してください。

この問題は、SW 23.4 リリースに含まれているドライバーで解決されます。

インテルでは、できるだけ早く SW 23.4 にアップデートすることを推奨しています。ただし、現時点で SW 23.4 への更新が便利でない場合は、問題の回避策 (TA-234を参照) の詳細も表示されます。

SW リリース 23.4 の可用性に加えて、インテル ® ダウンロード センターから SW リリース 23.2 および SW リリース 23.1 も削除されます。

手記: これらのドライバおよびソフトウェアは、インテル®イーサネット・アダプターの製品版用です。インテル®(R) イーサネット・アダプターの製品版をお持ちでないなら、ドライバーをインストールする前に、お使いのコンピューターの製造元に問い合わせておくことをお勧めします。

詳細については 、TA-234を参照してください。

-----------------------------------

SW リリース 23.4 には、リカバリモードも含まれています。

リリース 23.4 では、Intel は、破損または誤って構成された NVM の回復を可能にすることでイーサネット ソリューションの復元性を向上させる回復モード機能を実装しました。

影響を受ける製品

イーサネットデバイス

新しい NVM バージョン

ソフトウェアドライバとツール

インテル® イーサネット・コントローラー 700 シリーズ

6.80

リリース 23.4

インテル® イーサネット・コントローラー X550

2.00

リリース 23.4

インテル® イーサネット・コネクション X722

4.00

リリース 23.4

インテルのイーサネットコントローラ®Xeon®プロセッサD-1500製品ファミリLANコントローラ

2.00

リリース 23.4

インテルのイーサネットコントローラ®アトム™プロセッサC3000シリーズ

2.00

リリース 23.4

このリリースより前のバージョンのNVMを持つ製品には、リカバリモードが実装されていません。

リリース 23.4 のインストール要件

インストールでは、通常のアップグレード インストール手順が使用されます。

  • 通常の NVM アップグレード (インテル® イーサネット NVM 更新ツール) を使用して、新機能を有効にすることができます。
  • 再起動が必要です。以前にリリースされたバージョンからアップデートする場合、A/C電源の再投入は不要です。インテルは、NVMアップデートツールに付属の指示に従うことを推奨します。
  • リリース 23.4 への NVM 更新は、反ロールバック モードを有効にします。アップグレード後、以前のバージョンのNVMにダウングレードすることはできません。

手記: リカバリモードの設計により、以前のバージョンのNVMへのロールバックが行われます。これは、回復モード機能を追加すると、書き込み保護される NVM の一部の領域の定義が変更されたためです。以前のバージョンにロールバックするには、これらの書き込み保護領域へのアクセスが必要であるため、ロールバックは失敗します。

  • リカバリモードは通常の動作には影響しません。
  • リカバリ・モードを完全にサポートするには、リリース23.4以降の更新されたイーサネットNVM、ソフトウェア・ドライバ、ソフトウェア・ツールをすべて使用する必要があります。

概要

この zipファイルには、インテル ® イーサネット・ネットワーク・ドライバーおよびソフトウェアの中で、現在サポートされている Windows*、Linux*、および FreeBSD* のほとんどのインテル®イーサネット・アダプター用のソフトウェアがすべて含まれています。すべてのインテル®イーサネット・アダプターおよびインテル®イーサネット・コントローラーが、すべてのバージョンの Windows、Linux、または FreeBSD でサポートされているわけではありません。

これは大きなファイルです。すべての OS にソフトウェアが必要ない場合は、オペレーティング システム用の小さなファイルをダウンロードすることをお勧めします。

インストール手順、サポートされているハードウェア、新機能、バグ修正、既知の問題については 、readme ファイルを参照してください。

関連トピック

インテルの最新のイーサネット・ソフトウェア・リリース®新機能は何ですか?

インテル®ドライバーについて

インテル®コンポーネントのドライバまたはソフトウェアが、コンピュータの製造元によって変更または交換された可能性があります。機能やカスタマイズを失わないように、ドライバをインストールする前にコンピュータの製造元と協力することをお勧めします。

メーカーのサポート Web サイトの一覧を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。