インテル® イーサネット・アダプターコンプリート・ドライバー・パック

15084
1/31/2018

概要

このダウンロード・ファイルは、サポートされているバージョンの Windows*、Linux*、および FreeBSD* に対して、インテル® イーサネット・アダプター コンプリート・ドライバー・パックのバージョン 23.0 をインストールします。

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存
  • サイズ : 463.8 MB
  • SHA1 : DCE037F0D34603399EE72952CAF4FE8EB3A303E3

詳細

ユニバーサル Windows* ドライバー

このリリースには、Windows® 10 バージョン 1709 (RS3) のユニバーサル Windows ドライバーのサポートが含まれています。

Windows 10 ドライバーパッケージにユニバーサルフォルダーが追加されました。ユニバーサル フォルダーには、Windows* 10 バージョン 1709 (RS3) 用の既存のユニバーサル Windows ドライバーのアップグレードに使用されるドライバーパッケージが含まれています。

注: インテル® イーサネット・アダプター 完全版ドライバー パックのダウンロードには、ユニバーサル Windows ドライバーのみが含まれています。

概要

この zip ファイルには、ほとんどのインテル® イーサネット アダプターで現在サポートされているバージョンの Windows*、Linux*、FreeBSD* 用のすべてのインテル® イーサネット・ネットワーク・ドライバーとソフトウェアが含まれています。すべてのインテル® イーサネットアダプターとインテル® イーサネット・コントローラーが Windows、Linux、FreeBSD のすべてのバージョンでサポートされているわけではありません。

これは大容量ファイルです。すべての OS にソフトウェアが必要ない場合は、オペレーティング・システム用に小さいサイズのファイルをダウンロードすることをお勧めします。

インストール手順、サポートされているハードウェア、新機能、バグフィックス、既知の問題については 、readme ファイルを参照してください。

Windows 10 でサポートされているチームと VLAN に関する情報

  • Windows* 10 Anniversary edition (RS1) を実行している場合は、インテル LAN ソフトウェア v22.1 以降をインストールする必要があります。
  • Windows® 10 Creators Update (RS2) を実行している場合は、インテル LAN ソフトウェア v22.3 以降をインストールする必要があります。

注: Windows® 10 Creators Update (RS2) を実行していて、22.1 または 22.2 SW リリースを使用している場合、ANS は 22.3 SW リリースにアップデートするまで機能しません。

Windows® 10 のアップデートにより、ドライバーのインストールに問題が生じる場合があります

この問題は Microsoft Hot Fix* で解決されています。Microsoft サポートサイトを参照してください。

Windows 10 の早期アップデートでは、待機時間の延長 (イーサネット・ポート当たり最大 4 分) が原因でドライバーのインストールがタイムアウトまたは失敗する場合があります。タイムアウトしたにもかかわらず、ほとんどの場合、ドライバーは正しくインストールされ、使用可能です。

ドライバーが正しくインストールされない場合は、インストール・プロセスを実行し直してください。Windows* デバイス・マネージャーのインテル® PROSetは、正しくインストールされているドライバーに依存しています。この問題は、Windows 10 の初期リリースツーマーケット (RTM) バージョンを使用している場合には発生しません。

iSCSI 起動手順の実行中に、リリース 20.7 ドライバーを使用している iSCSI LUN への Windows Server 2008 R2* インストールの最終段階で OS がクラッシュする可能性があります。

インテル® XL710 を使用して iSCSI LUN にインストールする際にリリース 20.7 ドライバーを使用した場合、iSCSI ブート手順を使用した場合、インストール・サーバーまたはメディアからの Windows Server 2008 R2 の導入は、WinPE* 環境から最初にプラットフォームを再起動した後でクラッシュすることがあります。

関連トピック

最新リリースのインテル® Ethernet Softwareの新機能

Windows Server Core* のインストール

Windows Server Core のインストールには、コマンドラインを使用してインテル® ネットワーク・コネクションソフトウェアをインストールすることをお勧めします。詳細な手順については 、コマンドラインからベースドライバーとインテル® PROSet/Wireless ソフトウェアをインストール する を参照してください。

注: 起動したファイルに関連付けられているウェブブラウザーはありません。CD で Autorun.exe を使用して Windows Server Core のインストールを起動すると、インテルの [ユーザーガイド または ネットワーク の表示] ボタンをクリックすると Windows エラー・メッセージが表示されます。

インテル® ドライバーについて

お使いのインテル®・コンポーネントのドライバーまたはソフトウェアは、コンピューターの製造元によって変更または交換されている可能性があります。機能やカスタマイズを失わないよう、ドライバーをインストールする前にコンピューターの製造元に問い合わせすることをお勧めします。

製造元のサポート Web サイトのリストを参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。