Linux* の PCIe* インテル® ギガビット・イーサネット・ネットワーク接続用インテル®・ネットワーク・アダプター・ドライバー

14611
4/22/2020

概要

このダウンロードでは、PCI Express* 用インテル® ギガビット・ネットワーク・コネクション向け e1000e Linux* インテル®・ネットワーク・アダプター・ドライバーのバージョン 3.8.4 をインストールします。- 最終リリース

ご利用可能なダウンロード

  • OS 非依存, Linux*
  • サイズ : 311.6 KB
  • SHA1 : 4696BBE30E959C5A1BD006BE066358FF5FE76464

詳細

新機能

  • ケーブル接続ケースに対応する s0ix フローの修正を追加しました。
  • 以下のデバイスの初回サポート:
    イーサネット・コネクション (13) I219-LM
    イーサネット・コネクション (13) I219-V
    イーサネット・コネクション (14) I219-LM
    イーサネット・コネクション (14) I219-V
    イーサネット・コネクション (15) I219-LM
    イーサネット・コネクション (15) I219-V
    イーサネット・コネクション (16) I219-LM
    イーサネット・コネクション (16) I219-V
    イーサネット・コネクション (17) I219-LM
    イーサネット・コネクション (17) I219-V
  • アップストリームへのバックポート: 0290bd291c (netキュー: スタックキューをタイムアウト処理に渡します)
  • アップストリームへのバックポート: b0ddfe2bb2 (インテル: 設定された機能からの正しいリターンを提供)
  • アップストリームへのバックポート: ee2e80c194 (e1000e: 可能な限りdev_get_drvdata使用)
  • アップストリームへのバックポート: a702381940 (e1000e: rtnl_lockを使用して、ネットと pci/pm の競合状態を防ぐ)
  • アップストリームへのバックポート: daee5598e4 (e1000e: 不要な__E1000_DOWNビットの小回りをドロップ)
  • アップストリームへのバックポート: 12299132b3 (ネット: イーサネット: インテル: デバッグ用の MTU 変更をデモート)
  • アップストリームへのバックポート: c557a4b3f7 (e1000e: リンクメッセージにpr_infoではなくnetdev_infoを使用)

目的

このドライバーには、インテル® Itanium® 2 ベースとインテル® EM64T システムのサポートが含まれています。このリリースは、最新の 2.4 シリーズ・カーネルおよび 2.6.x および 3.x バージョンをサポートしています。

e1000e.x.x.x.www.gz は、インテル® 82563/82566/82567 ギガビット・イーサネット PHY で動作するように設計されています。 インテル® Linux* 対応ギガビット・イーサネット・コントローラー: 82571/82572/82573/82574/82577/82578/82579/82583 ギガビット・イーサネット・コントローラー、および I217/I218 コントローラー。このドライバーの最新バージョンおよびそれ以前のバージョンは、SourceForge* から入手できます。

アダプター / 接続が 82563、82566、82567、82571、82572、82573、82574、82577、82578、82579、または 82583 ベースでない場合は、次のいずれかのドライバーを使用する必要があります。

  • igb-x.x.x.www.gz ドライバーは、すべてのインテル® 82575、82576、82580、I350、I210、または I211 ベースのギガビット・ネットワーク・アダプター / 接続をサポートしています。
  • e1000-x.x.x.gz ドライバーは、すべてのインテル® 8254x ベースの PCI および PCI-X ギガビット・ネットワーク・アダプター / 接続をサポートしています。

インストール手順、サポートされているハードウェア、新機能、バグフィックス、既知の問題については 、readme note を参照してください。

インテル® ドライバーについて

お使いのインテル®・コンポーネントのドライバーまたはソフトウェアは、コンピューターの製造元によって変更または交換されている可能性があります。機能やカスタマイズを失わないよう、ドライバーをインストールする前にコンピューターの製造元に問い合わせすることをお勧めします。

コンピューターの製造元のサポート Web サイトの一覧を参照してください

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。