Intel ® ネットワーク アダプタ ドライバ 82575/6、82580、I350、および Linux 用 I210/211 ベースのギガビット ネットワーク接続*

14098
11/19/2019

概要

Intel ® 82575/6、82580、I350、および Linux 用 I210/211 ベースのギガビット ネットワーク接続用の Intel ネットワーク アダプタ ドライバ( 5.3.5.42)

ご利用可能なダウンロード

  • Linux*
  • サイズ : 337.9 KB
  • SHA1 : B1DE7A29A4EBD986D60F692423A15EE517FA4D0E

詳細

新機能

  • igb_ndo_fdb_add関数のパラメータを修正
  • SPIN_UNLOCK_IMPLIES_MMIOWBで mmiowb() をラップする修正
  • RHEL8.1 のサポートを追加する
  • flow_block_cb_setup_simpleのサポートを追加する
  • マイナーなバグ修正とドキュメントの更新

概要

このリリースには、インテル®イーサネット・ネットワーク接続用の基本ドライバーが含まれています。

  • igb ドライバーは、82575、82576-、82580-、I350-、I210-、I211、および I354 ベースのギガビットネットワーク接続をすべてサポートします。
  • igbvf ドライバは、SR-IOV をサポートするカーネル上でのみアクティブ化できる 82576 ベースの仮想機能デバイスをサポートしています。
  • e1000e ドライバは、82575、82576、82580、および I350、I210-、および I211 ベースのネットワーク接続を除き、すべての PCI Express* ギガビット ネットワーク接続をサポートします。

筆記:

  • Intel® PRO/1000 P デュアル ポート サーバー アダプタは、PCI Express ブリッジの背後で使用されている 82546 パーツのため、e1000e ドライバではなく e1000 ドライバでサポートされています。
  • インテル®(R) イーサネットコントローラー X722 に基づくギガビット・デバイスは、i40e ドライバーによってサポートされています。
    • igb-x.x.x.tar.gz
      igbvf-x.x.x.tar.gz
      e1000e-x.x.x.tar.gz

アップグレード

e1000 ドライバが現在インストールされていて、e1000e をインストールする必要がある場合は、次の手順を実行します。

  1. e1000 のバージョンが 7.6.15.5 以下の場合は、e1000 バージョンにアップグレードします。
    8.x、e1000 README の指示を使用して。
  2. readme の「ビルドとインストール」セクションの指示に従って e1000e ドライバーをインストールします。
  3. /etc/modprobe.conf を変更して、エイリアス ethX e1000e を使用して新しい e1000e ドライバを使用するように PCIe* デバイスを指定するか、RedHat のセットアップ/システム構成ネットワークや SuSE の yast2 などのネットワーク アダプタを構成するためのディストリビューションの特定の方法を使用します。

インストール手順、サポートされているハードウェア、新機能、バグ修正、既知の問題については、 リリースノート を参照してください。

何をダウンロードするかについて混乱?

インテル(R) ドライバーとソフトウェアを自動的に検出して更新する® インテル(R) ドライバーとサポート・アシスタント.

インテル®ドライバーについて

インテル®コンポーネントのドライバまたはソフトウェアが、コンピュータの製造元によって変更または交換された可能性があります。機能やカスタマイズを失わないように、ドライバをインストールする前にコンピュータの製造元と協力することをお勧めします。

メーカーのサポート Web サイトの一覧を参照してください。

このダウンロードは以下の製品での動作が確認されています。

このページのコンテンツは、元の英語のコンテンツを人力翻訳および機械翻訳したものが混在しています。この内容は参考情報および一般的な情報を提供するためものであり、情報の正確さと完全性を保証するものではありません。インテルは不正確な翻訳があった場合でもいかなる責任を負いません。このページの英語版と翻訳の間に矛盾がある場合は、英語版に準拠します。 このページの英語版をご覧ください。