Intel Agilex® 7コンフィグレーションのユーザーガイド

ID 683673
日付 4/28/2023
Public
ドキュメント目次

5. Remote System Update (RSU)

Intel Agilex® 7デバイスは RSU 機能をサポートしており、FPGA イメージを更新してデバイスをリモートでリコンフィグレーションできます。 RSU には次の利点があります。

  • 製品をリコールせずに機能拡張やバグ修正を提供するメカニズムを提供します。
  • 迅速な「Time-To-Market」
  • 製品寿命の延長:

RSU とメールボックス・クライアント インテル® FPGA IPを使用すると、コンフィギュレーション・ビットストリームを AS x4 フラッシュデバイスに書き込むことができます。 その後、メールボックス・クライアント インテル® FPGA IPを使用して、更新されたイメージから FPGA を再構成するように SDM に指示できます。コンフィグレーション・デバイスには、複数のアプリケーション・イメージと 1 つのファクトリー・イメージを保存できます。デザインは、コンフィグレーション・デバイスでアプリケーション・イメージのリモート更新を管理します。

ロジックデザイン内のメールボックス・クライアント インテル® FPGA IPに SDM コマンドを送信することで、再構成を開始できます。RSU は、リコンフィグレーション・プロセス中およびリコンフィグレーション・プロセス後にコンフィグレーション・エラー検出を実行します。アプリケーション・イメージでエラーが発生した場合、SDM ファームウェアは次のアプリケーション・イメージをロードするか、次のアプリケーション・イメージが利用できない場合はファクトリー・イメージに戻し、エラーステータス情報を提供します。

この章では、アクティブなコンフィグレーション・スキームのリモート・システム更新の実装について説明します。 FPGA は RSU を駆動します。 Intel Agilex® 7 SoC デバイスの場合、HPS は RSU プロセスを駆動できます。

パッシブ・コンフィグレーション・スキームの場合、 Intel Agilex® 7デバイスではなく外部ホストがリモート・システム・アップデートを実装します。外部ホストはコンフィグレーション・イメージを管理し、必要に応じて新しいイメージで FPGA のリコンフィグレーションを開始します。

次の図は、一般的なリモート・システム・アップデート・プロセスの機能図を表しています。

図 63. 一般的なリモート・システム・アップデート・プロセス